上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんわ~!
もう、10月もお終いですね!
とても早く感じます。(←歳をとったせいかも!?苦笑)

で、明日から11月ということで・・・
11月といったら、インフルエンザ予防摂取に最適な月
です。
つづき↓
2年前の冬にインフルエンザが大流行をしたのを覚えてますか?

あのときは、インフルエンザの特効薬(タミフル)を奪い合うかのような騒ぎになりました。インフルエンザの検査薬もなくなり・・・

それ以来、(世界中に分けられるはずであった)大量のタミフルを日本政府が(スイスの会社から)金にものをいわせて大量に買い占めるようになりました。そして、他の国々からクレームがきたという話をご存じでしょうか?
私個人の意見ですが「日本という国は、罪深いことをするなぁ・・・」と思ったものです。


そんなこんなで、今年もインフルエンザの季節が始まろうとしています。
まず、関連する記事をみつけましたので、添付しますね↓

タミフル500万人分を確保 出現、上陸を警戒し対策 「鳥インフルエンザ-防げるか大流行」

記事:共同通信社

 新型インフルエンザは海外で鳥インフルエンザウイルスが変異して出現し、やがて日本にも上陸、最悪で約64万人が死亡する-。こう想定する厚生労働省は、海外での鳥ウイルス流行を「これまでに経験したことがない状況」(滝本浩司(たきもと・ひろし)感染症情報管理室長)と警戒。抗ウイルス薬タミフルをこれまでに500万人分確保するなど、対策を急いでいる。

 昨年11月にまとまった政府の新型インフルエンザ対策行動計画によると、タミフルの備蓄目標は、国と都道府県が1050万人分ずつと国内市場400万人分の計2500万人分。国の備蓄は8月末までに500万人分が終わり、年内に250万人分、2007年度に300万人分を確保する予定だ。都道府県分も07年度までに確保するという。

 対策のもう1つの柱は、予防や症状軽減の効果が期待されるワクチン。高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を使ったワクチンを国立感染症研究所などが開発、大規模臨床試験と並行して、9月から製造が始まった。年度内に1000万人分を製造することを目標にしている。

 これまでの臨床試験では安全性で大きな問題はなく、免疫効果が確認された。しかし、実際に新型が発生した場合の効果は未知数。行動計画が「医療従事者、社会機能維持に必要な者など」とする接種対象者の絞り込みも、これからだ。

 9月には新型発生を想定し、関係19省庁が参加した初めての大規模な机上訓練が行われ、行政の意識は高まりつつある。だが国民の関心は薄く、滝本室長は「民間企業や個人でも新型への対策を考える必要がある。もっと問題意識を持ってもらえれば」と話している。


ということです。
この記事を読んで、どう思われるかは個人個人で良いと思いますが!!
私の感想は、「ほとんど解っていないことを題材に、国民の不安を煽りすぎなんじゃないかな!?」って感じです。

まず、インフルエンザというのは何も去年、一昨年に発生した訳ではなく大昔から数年おき(大体、4年に1回程度)に流行してきたものです。
妥当なところ、2年前に大流行した時点で「その後は3年程度流行しないのでは!?」と考えるのが普通だと思いますが・・・
ということで、私の今年の予想は↓
インフルエンザは流行しない!
です。
まぁ、占いみたいなもんで「当たるも八卦当たらぬも八卦」という程度の軽い気持ちで信じて下さい♪


そうそう。
もし、インフルエンザの予防接種をするなら・・・という話を忘れていました。
インフルエンザの予防接種をしてから免疫機能が働く期間が、摂取日より2週間後~3.4ヶ月といわれています。
ですから、インフルエンザが一番流行しやすい時期(12月中旬~2月下旬)にワクチン効果が有効に働くためには・・・
11月半ばに予防接種を受けるのが最適!という訳です。

身近に「幼児」又は「お年寄り」がおられましたら是非、その頃に予防接種を受けることをお勧めします。

では、若い人は・・・
別に、予防接種しなくてもいいんじゃないですか?
添付した記事にもありましたように、インフルエンザの特効薬(タミフル)は十分すぎる程に確保してくれてますし♪
だいたい、予防接種に4000円前後は高いんじゃないでしょうか!?謎

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
2年前の冬にインフルエンザが大流行をしたのを覚えてますか?

あのときは、インフルエンザの特効薬(タミフル)を奪い合うかのような騒ぎになりました。インフルエンザの検査薬もなくなり・・・

それ以来、(世界中に分けられるはずであった)大量のタミフルを日本政府が(スイスの会社から)金にものをいわせて大量に買い占めるようになりました。そして、他の国々からクレームがきたという話をご存じでしょうか?
私個人の意見ですが「日本という国は、罪深いことをするなぁ・・・」と思ったものです。


そんなこんなで、今年もインフルエンザの季節が始まろうとしています。
まず、関連する記事をみつけましたので、添付しますね↓

タミフル500万人分を確保 出現、上陸を警戒し対策 「鳥インフルエンザ-防げるか大流行」

記事:共同通信社

 新型インフルエンザは海外で鳥インフルエンザウイルスが変異して出現し、やがて日本にも上陸、最悪で約64万人が死亡する-。こう想定する厚生労働省は、海外での鳥ウイルス流行を「これまでに経験したことがない状況」(滝本浩司(たきもと・ひろし)感染症情報管理室長)と警戒。抗ウイルス薬タミフルをこれまでに500万人分確保するなど、対策を急いでいる。

 昨年11月にまとまった政府の新型インフルエンザ対策行動計画によると、タミフルの備蓄目標は、国と都道府県が1050万人分ずつと国内市場400万人分の計2500万人分。国の備蓄は8月末までに500万人分が終わり、年内に250万人分、2007年度に300万人分を確保する予定だ。都道府県分も07年度までに確保するという。

 対策のもう1つの柱は、予防や症状軽減の効果が期待されるワクチン。高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を使ったワクチンを国立感染症研究所などが開発、大規模臨床試験と並行して、9月から製造が始まった。年度内に1000万人分を製造することを目標にしている。

 これまでの臨床試験では安全性で大きな問題はなく、免疫効果が確認された。しかし、実際に新型が発生した場合の効果は未知数。行動計画が「医療従事者、社会機能維持に必要な者など」とする接種対象者の絞り込みも、これからだ。

 9月には新型発生を想定し、関係19省庁が参加した初めての大規模な机上訓練が行われ、行政の意識は高まりつつある。だが国民の関心は薄く、滝本室長は「民間企業や個人でも新型への対策を考える必要がある。もっと問題意識を持ってもらえれば」と話している。


ということです。
この記事を読んで、どう思われるかは個人個人で良いと思いますが!!
私の感想は、「ほとんど解っていないことを題材に、国民の不安を煽りすぎなんじゃないかな!?」って感じです。

まず、インフルエンザというのは何も去年、一昨年に発生した訳ではなく大昔から数年おき(大体、4年に1回程度)に流行してきたものです。
妥当なところ、2年前に大流行した時点で「その後は3年程度流行しないのでは!?」と考えるのが普通だと思いますが・・・
ということで、私の今年の予想は↓
インフルエンザは流行しない!
です。
まぁ、占いみたいなもんで「当たるも八卦当たらぬも八卦」という程度の軽い気持ちで信じて下さい♪


そうそう。
もし、インフルエンザの予防接種をするなら・・・という話を忘れていました。
インフルエンザの予防接種をしてから免疫機能が働く期間が、摂取日より2週間後~3.4ヶ月といわれています。
ですから、インフルエンザが一番流行しやすい時期(12月中旬~2月下旬)にワクチン効果が有効に働くためには・・・
11月半ばに予防接種を受けるのが最適!という訳です。

身近に「幼児」又は「お年寄り」がおられましたら是非、その頃に予防接種を受けることをお勧めします。

では、若い人は・・・
別に、予防接種しなくてもいいんじゃないですか?
添付した記事にもありましたように、インフルエンザの特効薬(タミフル)は十分すぎる程に確保してくれてますし♪
だいたい、予防接種に4000円前後は高いんじゃないでしょうか!?謎

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif
スポンサーサイト

【2006/10/30 16:39】 | 知っておきたい話 トラックバック(0) |


melinda
そーなんですよねー、毎年予防接種受けようか迷います。
ここ数年インフルエンザに掛かってしまって・・その時は辛くて医者にも行けない状態で。。。
去年予防接種受けたら暫く身体がだるくなったので今年はどうしようかと。。。受けるなら、そろそろ予定しておいた方がいいんでしょうね。

参考になりました!
みっちー
あまのじゃくさん、おはようございます!
とても参考になりました。
娘は昨年、インフルエンザにかかりましたので、
今年はしたほうがいいのかな?と悩んでいたところです。
でも、丈夫な娘はインフルエンザにかかっても元気でした。
無理して痛い思いをさせない事にしました(笑)
あまのじゃくさんのインフルエンザ予言があたるといいなぁ。

ところで、私は喘息がひどくここ2~3年は、
1年のうち半分以上が入院生活でした。
(特に昨年は実に9ヶ月が入院生活でした)
そのために、秋~冬にかけては病院にいるため、
インフルエンザの予防接種も受けていませんでした。
昨年も9月4日~11月中旬の2ヶ月以上にもわたる
入院生活に終止符をうち、ようやく自宅に帰れたと
喜んだのもつかの間で、11月下旬には肺炎で再入院。
しかも、肺炎予防薬のバクタを飲んでいたにもかかわらず(爆)です。

ことしは、昨年秋からはじめたシオゾールと、今年に入りはじめた組織療法が効いたのか、1回入院しただけで、あれほど入院していたのがウソのようです。この秋も入院せずに乗り越えられそうです。

ということは、院内生活とは異なるわけで
予防接種はしたほうがいいのかなぁ?
と、ちょっと悩みます。


melindaさんへ
あまのじゃく
予防接種をしたら、身体が一生懸命に外敵に向かって免疫抗体を作ります。ですから、約一週間程は身体が怠くて当然です!(^^)/

まぁ、予防接種を受けるかどうかは、メリットとデメリットのバランスですね。

個人的な意見ですが、今は特効薬「タミフル」があるのでインフルエンザを発症してからスグに内服したら次の日にはかなり軽快します。
ですから、僕は今年は予防接種しません。

みっちーさんへ
あまのじゃく
こんばんわ!

>予防接種はしたほうがいいのかなぁ?
ということですが・・・

一般的な話ですが、喘息持ちの方はインフルエンザが重篤になりやすいと言われています。
また、気管支に炎症のある人(喘息も同様)や治療によりステロイドを内服中の人は、インフルエンザに感染しやすいです。

これらの条件を考えたら・・・
みっちーさんの場合は、
インフルエンザの予防接種をお勧めします!
一番お勧めの時期は、11月下旬(20~30日)です♪
4000円~4500円でも、リスクを考えたら安い買い物ではないでしょうか!?

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そーなんですよねー、毎年予防接種受けようか迷います。
ここ数年インフルエンザに掛かってしまって・・その時は辛くて医者にも行けない状態で。。。
去年予防接種受けたら暫く身体がだるくなったので今年はどうしようかと。。。受けるなら、そろそろ予定しておいた方がいいんでしょうね。
2006/10/30(Mon) 21:29 | URL  | melinda #mQop/nM.[ 編集]
参考になりました!
あまのじゃくさん、おはようございます!
とても参考になりました。
娘は昨年、インフルエンザにかかりましたので、
今年はしたほうがいいのかな?と悩んでいたところです。
でも、丈夫な娘はインフルエンザにかかっても元気でした。
無理して痛い思いをさせない事にしました(笑)
あまのじゃくさんのインフルエンザ予言があたるといいなぁ。

ところで、私は喘息がひどくここ2~3年は、
1年のうち半分以上が入院生活でした。
(特に昨年は実に9ヶ月が入院生活でした)
そのために、秋~冬にかけては病院にいるため、
インフルエンザの予防接種も受けていませんでした。
昨年も9月4日~11月中旬の2ヶ月以上にもわたる
入院生活に終止符をうち、ようやく自宅に帰れたと
喜んだのもつかの間で、11月下旬には肺炎で再入院。
しかも、肺炎予防薬のバクタを飲んでいたにもかかわらず(爆)です。

ことしは、昨年秋からはじめたシオゾールと、今年に入りはじめた組織療法が効いたのか、1回入院しただけで、あれほど入院していたのがウソのようです。この秋も入院せずに乗り越えられそうです。

ということは、院内生活とは異なるわけで
予防接種はしたほうがいいのかなぁ?
と、ちょっと悩みます。
2006/10/31(Tue) 03:14 | URL  | みっちー #aOQseIdA[ 編集]
melindaさんへ
予防接種をしたら、身体が一生懸命に外敵に向かって免疫抗体を作ります。ですから、約一週間程は身体が怠くて当然です!(^^)/

まぁ、予防接種を受けるかどうかは、メリットとデメリットのバランスですね。

個人的な意見ですが、今は特効薬「タミフル」があるのでインフルエンザを発症してからスグに内服したら次の日にはかなり軽快します。
ですから、僕は今年は予防接種しません。
2006/11/01(Wed) 16:24 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
みっちーさんへ
こんばんわ!

>予防接種はしたほうがいいのかなぁ?
ということですが・・・

一般的な話ですが、喘息持ちの方はインフルエンザが重篤になりやすいと言われています。
また、気管支に炎症のある人(喘息も同様)や治療によりステロイドを内服中の人は、インフルエンザに感染しやすいです。

これらの条件を考えたら・・・
みっちーさんの場合は、
インフルエンザの予防接種をお勧めします!
一番お勧めの時期は、11月下旬(20~30日)です♪
4000円~4500円でも、リスクを考えたら安い買い物ではないでしょうか!?
2006/11/01(Wed) 16:29 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/13(Mon) 21:20 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。