上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ~!!!

今日は、
出産で意識不明、18病院受け入れ断わる。
について、少しだけ話をしようと思います。

なんだか、最近はこういうニュースが多すぎです。
(特に、産婦人科が圧倒的に多いです。)
気になった医療ニュースをブログで取り上げていったら、ここ最近は医療事故の話ばっかり・・・。

つづき↓
今回も大事なニュースなので少しだけ話をしますが、次回はもう少し明るい話題にしたいな・・・って思います!!!

では、いつも通り、記事を添付します↓

出産で意識不明、18病院受け入れ断る
 女性、1週間後死亡
 奈良県大淀町の町立大淀病院で8月、出産の際に意識不明になった同県五條市の女性について、受け入れを打診された18の病院が断り、約6時間後、60キロ離れた大阪府吹田市内の病院に搬送されていたことが、明らかになった。女性は脳内出血で緊急手術を受け、同時に帝王切開で男児を出産したが、約1週間後に死亡した。

 大淀病院などによると、死亡したのは高崎実香さん(当時32歳)。高崎さんは8月7日に入院。8日午前0時ごろ、頭痛を訴えて意識不明になった。産科担当医が、同県立医大付属病院などに受け入れを要請したが、いずれも満床。同付属病院の当直医が電話で搬送先を探し、大淀病院で待機していた高崎さんは約6時間後、吹田市の国立循環器病センターに収容された。

 大淀病院は、容体が急変した際、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の妊婦が分娩(ぶんべん)中にけいれんを起こす「子癇(しかん)発作」と診断、脳出血の治療などはしていなかった。原育史院長は「結果として判断ミスがあった」と話している。

 夫の晋輔さん(24)は「実香が意識を失っても大淀病院の主治医は『単なる失神でしょう』と言って仮眠をとっていた。命を助けようという行動は一切見えなかった。決して許せない」と訴えている。


(補足情報ですが)他の医師がこの患者を診察して「頭部CT撮影をした方が良い」というアドバイスをしたのに、主治医は子癇(しかん)発作と決めつけてCTを施行しなかったということです。

では、早速わたしの意見を書かせてもらいます。

まず、診断ミスについては必ずどの医者も経験することです。
主治医が子癇(しかん)発作だと思ったところまでは罪はありません。
(悪く言えば経験不足、そうでなければ希な症例だったということです。)
ただ、ほかの医師が別の病気の可能性を示唆した以上は、必ず除外診断(その病気ではないことを確認するための検査→診断)を行う必要があると考えます。
それを怠った分の落ち度があると考えます。

自分の病院に脳神経外科があるにも関わらず、かたくなに大病院への搬送を試みた点に関しては、過去の「大野病院産婦人科の事件」が悪影響を与えているように感じます。
「難しい症例を自分の病院で扱って、もしも患者が亡くなれば逮捕されかねない!」と考えてしまっても・・・(以下ノーコメント)
結果、搬送に6時間かかってしまい一週間後に患者は死亡。
それにより、家族が訴えて表沙汰になりましが逮捕されるよりはマシですよね・・・。

今回の事件は、大きな落ち度を追求するのは難しそうです。
もしも、完全に病院の落ち度ばかりを追求して例え裁判でそのままの判決が出たとしても、医師会や産婦人科学会からの反発が予想されます。

とても気の毒な事件ですが・・・
今まで、何回も言いましたが・・・
自分の身は自分で守らなければなりません!

地方によっては、医療のブラックホールのような地域があります。
「この地域で意識を失って倒れたら命はないな・・・」という程、周囲にロクな病院のない地域のことです。
今回のケースであったら、奈良県は周産期医療センターの存在しない県です。その地域で出産をするということは、万が一、出産時にトラブルが生じても最先端の医療を受けられないということを意味します。

病気・病院に関しては、「知らなかった」で命に関わるような損害を得ることが多々あります。
くどいようですが後悔する前に、
自分の身は自分で守りましょう!
いつになるのか分からない「医療システムの改善」に期待しない方が良いと思われます。


なんだか、暗い話題が続いてしまいましたので次回は医療ニュース以外の話にしたいと思います。
まだ未定ですが、要望が数件ほどあった「ダイエット」に関する話にしようかな~!?って思っています。気が変わったらごめんなさい!笑


↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
今回も大事なニュースなので少しだけ話をしますが、次回はもう少し明るい話題にしたいな・・・って思います!!!

では、いつも通り、記事を添付します↓

出産で意識不明、18病院受け入れ断る
 女性、1週間後死亡
 奈良県大淀町の町立大淀病院で8月、出産の際に意識不明になった同県五條市の女性について、受け入れを打診された18の病院が断り、約6時間後、60キロ離れた大阪府吹田市内の病院に搬送されていたことが、明らかになった。女性は脳内出血で緊急手術を受け、同時に帝王切開で男児を出産したが、約1週間後に死亡した。

 大淀病院などによると、死亡したのは高崎実香さん(当時32歳)。高崎さんは8月7日に入院。8日午前0時ごろ、頭痛を訴えて意識不明になった。産科担当医が、同県立医大付属病院などに受け入れを要請したが、いずれも満床。同付属病院の当直医が電話で搬送先を探し、大淀病院で待機していた高崎さんは約6時間後、吹田市の国立循環器病センターに収容された。

 大淀病院は、容体が急変した際、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の妊婦が分娩(ぶんべん)中にけいれんを起こす「子癇(しかん)発作」と診断、脳出血の治療などはしていなかった。原育史院長は「結果として判断ミスがあった」と話している。

 夫の晋輔さん(24)は「実香が意識を失っても大淀病院の主治医は『単なる失神でしょう』と言って仮眠をとっていた。命を助けようという行動は一切見えなかった。決して許せない」と訴えている。


(補足情報ですが)他の医師がこの患者を診察して「頭部CT撮影をした方が良い」というアドバイスをしたのに、主治医は子癇(しかん)発作と決めつけてCTを施行しなかったということです。

では、早速わたしの意見を書かせてもらいます。

まず、診断ミスについては必ずどの医者も経験することです。
主治医が子癇(しかん)発作だと思ったところまでは罪はありません。
(悪く言えば経験不足、そうでなければ希な症例だったということです。)
ただ、ほかの医師が別の病気の可能性を示唆した以上は、必ず除外診断(その病気ではないことを確認するための検査→診断)を行う必要があると考えます。
それを怠った分の落ち度があると考えます。

自分の病院に脳神経外科があるにも関わらず、かたくなに大病院への搬送を試みた点に関しては、過去の「大野病院産婦人科の事件」が悪影響を与えているように感じます。
「難しい症例を自分の病院で扱って、もしも患者が亡くなれば逮捕されかねない!」と考えてしまっても・・・(以下ノーコメント)
結果、搬送に6時間かかってしまい一週間後に患者は死亡。
それにより、家族が訴えて表沙汰になりましが逮捕されるよりはマシですよね・・・。

今回の事件は、大きな落ち度を追求するのは難しそうです。
もしも、完全に病院の落ち度ばかりを追求して例え裁判でそのままの判決が出たとしても、医師会や産婦人科学会からの反発が予想されます。

とても気の毒な事件ですが・・・
今まで、何回も言いましたが・・・
自分の身は自分で守らなければなりません!

地方によっては、医療のブラックホールのような地域があります。
「この地域で意識を失って倒れたら命はないな・・・」という程、周囲にロクな病院のない地域のことです。
今回のケースであったら、奈良県は周産期医療センターの存在しない県です。その地域で出産をするということは、万が一、出産時にトラブルが生じても最先端の医療を受けられないということを意味します。

病気・病院に関しては、「知らなかった」で命に関わるような損害を得ることが多々あります。
くどいようですが後悔する前に、
自分の身は自分で守りましょう!
いつになるのか分からない「医療システムの改善」に期待しない方が良いと思われます。


なんだか、暗い話題が続いてしまいましたので次回は医療ニュース以外の話にしたいと思います。
まだ未定ですが、要望が数件ほどあった「ダイエット」に関する話にしようかな~!?って思っています。気が変わったらごめんなさい!笑


↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif
スポンサーサイト

【2006/10/18 14:52】 | 未分類 トラックバック(0) |

自分の身は自分で守りましょう!
さとゆみ
あまのじゃくさんのブログを拝見するようになって、
私の病院に対する思いがだいぶ変わりましたよ。

自分の身は自分で守りましょう!

常に頭にあります。

救急病院にかからないようにしましょう!

痛いほど肝にすえています。


今回この亡くなられた奥さん。
まだ結婚して間もなく、
赤ちゃんを抱く事もお乳を与える事も出来ずに死んでますね。
同じ母親として涙がでました。


管理人のみ閲覧できます
-


今後の裁判
さとゆみさんへ
脳出血ですからね~・・・。
もしかしたら、発見が早かったとしても結果は同じだった可能性もありますね。
そうでなくても、一生、障害が残っていた可能性も・・・謎

今後の裁判では、そのあたりが論点になるでしょうね。
さとゆみさんのおっしゃる通り、とても気の毒な事件でした。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自分の身は自分で守りましょう!
あまのじゃくさんのブログを拝見するようになって、
私の病院に対する思いがだいぶ変わりましたよ。

自分の身は自分で守りましょう!

常に頭にあります。

救急病院にかからないようにしましょう!

痛いほど肝にすえています。


今回この亡くなられた奥さん。
まだ結婚して間もなく、
赤ちゃんを抱く事もお乳を与える事も出来ずに死んでますね。
同じ母親として涙がでました。
2006/10/18(Wed) 17:17 | URL  | さとゆみ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/18(Wed) 20:40 |   |  #[ 編集]
今後の裁判
脳出血ですからね~・・・。
もしかしたら、発見が早かったとしても結果は同じだった可能性もありますね。
そうでなくても、一生、障害が残っていた可能性も・・・謎

今後の裁判では、そのあたりが論点になるでしょうね。
さとゆみさんのおっしゃる通り、とても気の毒な事件でした。
2006/10/19(Thu) 15:10 | URL  | さとゆみさんへ #P0vgGwAM[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。