上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ!
昨日は、面白いテレビ番組があったのでテレビばっかり観ました。

草薙くんの「自閉症」のドラマは、いずれまた!
性同一性障害の特別番組も良かったのですが、精神疾患の話題なので、またの機会に!
で、今日の話題は・・・

爆笑問題アンド日本国民の
「センセイ教えて下さい」

での話にします♪

つづき↓
番組の中で医師の勉強不足が話題にあがってました。
そう思う根拠をいくつか上げていました。


番組で現役医師に国家試験の問題を解かせると・・・
到底、合格点は取れません
私は思うのですが、
たぶん、研修医以外の医者が全員国家試験を受け直したら
100人中95人以上は不合格になると思います。

じゃあ、95%の医者は勉強不足なのか!?
ということになりますが・・・
ひとつ考えてみましょう・・・「国家試験の問題」を作ったのは誰なのか!?・・・知ってますか!?
すべて、○○大学の○○科の教授連中ばっかりです。
そして、自分の専門に偏った問題を作成します。
その結果・・・
一般内科医が一生出会うことのない病気に関する問題も多々あります。
つまり、一般診療に役立たない問題が多く出題されるのです。

国家試験の問題を作っている医療の現場から離れてしまった教授たちに言いたい!
「おまえらが、一度国家試験を受け直してみろ!」
ぜっっっっっっったいに他科の問題で合格点はとれません!

ですから、国家試験の問題を現役医師に解かせて、合格点をとれなくても
全く、勉強不足は証明でしません!!
これが私の考えた結論です。


次に・・・
世界の中で日本人の喘息(ぜんそく)治療の成績が悪い!
といわれてました。
それは「治療指針に則った治療をしていないからだ!」→「勉強不足なのだ!」という意見です。
確かに、それに関しては言い返しようがないかもしれません。
実際に、治療指針を知らない医者(特に開業医)が多いのです。
せっかく全国どこにいても同じ治療を受けられるようにと治療指針を作ってくれているのに、新しい情報を得る努力をしないとその存在さえ知らない状態になってしまいます。(これを勉強不足というのでしょうね)
ただ、勘違いされて困るのは「治療指針が最善の治療方法」とは私は思いません。治療指針を知った上で、治療指針以外の治療方法をとる医師もいます。

私は気管支喘息に関しては完全に治療指針の通りに治療します。
それは・・・専門外だからなのです。
治療指針に勝るだけの知識や経験がないからです。

私の認識は、こうです。腕の良い医者ランキングは・・・
1番:治療指針を知った上で、患者ごとに異なる治療を行う。
2番:治療指針の通りの治療を行う。
3番:治療指針を知らない(勉強不足)ため、時代遅れの治療をする。

私は、他科に関しては主に2番です。
自分の得意分野では、主に1番です。
まぁ、小児科に関しては残念ながら3番かもしれません。
(だから、基本的に小児の診察をしません。夜間以外は!)


たしか、もうひとつ最後に、
「癌の痛みを取り除くための知識(モルヒネの使い方)を知らない医師が多い!」→「勉強不足だ!」
という話もしていました。

この問題に関しても「全くその通りだな~」って思いました。
末期の癌患者に対して、モルヒネの使用量が足りていない医師が多いです。
かわいそうに、「痛い!痛い」といいながら亡くなっていく患者さんをいっぱいみてきました。自分が担当じゃない患者の治療に関しては、全く干渉できません。それが、医者同士のルール(マナー?)です。
モルヒネ(麻薬)をもっと使ったら楽になるのに・・・と思うことが本当によくあります。
僕が個人的に感じていることなのですが・・・
麻薬の使い方が下手な医者には、三流医者が多い!!
です。
だって、そうでしょ!?
癌の末期の患者で痛みを取り除いてあげることが最も大切な治療でしょ?
その部分に関して勉強不足なんですから!!

もしかしたら、
モルヒネを使いすぎる→副作用がでる→場合によっては訴えられかねない
とでも考えるのでしょうか・・・。
それで、気休め程度のモルヒネを使い、緩和ケア(痛みを取り除く治療)をした気になっているのでしょうか??
確かに、モルヒネを不十分な量しか使わない→致命的な副作用がない→患者がいくら痛くても訴えられる心配がない というのは、今の医療訴訟社会では賢いやり方なのかもしれませんが・・・。


まぁ、総合的には「医者の勉強不足は大いにあり得る」ということです。
だからこそ、賢い患者になること や 医者を選ぶこと が大切なのです。

以前に、「良い医者や病院の見分け方」(今のところ、6話分)について書きましたので、興味のある人は読んでくださいね♪

長々と書いてしまいましたが、今日はこれくらいにしときます!
では、また!!

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
番組の中で医師の勉強不足が話題にあがってました。
そう思う根拠をいくつか上げていました。


番組で現役医師に国家試験の問題を解かせると・・・
到底、合格点は取れません
私は思うのですが、
たぶん、研修医以外の医者が全員国家試験を受け直したら
100人中95人以上は不合格になると思います。

じゃあ、95%の医者は勉強不足なのか!?
ということになりますが・・・
ひとつ考えてみましょう・・・「国家試験の問題」を作ったのは誰なのか!?・・・知ってますか!?
すべて、○○大学の○○科の教授連中ばっかりです。
そして、自分の専門に偏った問題を作成します。
その結果・・・
一般内科医が一生出会うことのない病気に関する問題も多々あります。
つまり、一般診療に役立たない問題が多く出題されるのです。

国家試験の問題を作っている医療の現場から離れてしまった教授たちに言いたい!
「おまえらが、一度国家試験を受け直してみろ!」
ぜっっっっっっったいに他科の問題で合格点はとれません!

ですから、国家試験の問題を現役医師に解かせて、合格点をとれなくても
全く、勉強不足は証明でしません!!
これが私の考えた結論です。


次に・・・
世界の中で日本人の喘息(ぜんそく)治療の成績が悪い!
といわれてました。
それは「治療指針に則った治療をしていないからだ!」→「勉強不足なのだ!」という意見です。
確かに、それに関しては言い返しようがないかもしれません。
実際に、治療指針を知らない医者(特に開業医)が多いのです。
せっかく全国どこにいても同じ治療を受けられるようにと治療指針を作ってくれているのに、新しい情報を得る努力をしないとその存在さえ知らない状態になってしまいます。(これを勉強不足というのでしょうね)
ただ、勘違いされて困るのは「治療指針が最善の治療方法」とは私は思いません。治療指針を知った上で、治療指針以外の治療方法をとる医師もいます。

私は気管支喘息に関しては完全に治療指針の通りに治療します。
それは・・・専門外だからなのです。
治療指針に勝るだけの知識や経験がないからです。

私の認識は、こうです。腕の良い医者ランキングは・・・
1番:治療指針を知った上で、患者ごとに異なる治療を行う。
2番:治療指針の通りの治療を行う。
3番:治療指針を知らない(勉強不足)ため、時代遅れの治療をする。

私は、他科に関しては主に2番です。
自分の得意分野では、主に1番です。
まぁ、小児科に関しては残念ながら3番かもしれません。
(だから、基本的に小児の診察をしません。夜間以外は!)


たしか、もうひとつ最後に、
「癌の痛みを取り除くための知識(モルヒネの使い方)を知らない医師が多い!」→「勉強不足だ!」
という話もしていました。

この問題に関しても「全くその通りだな~」って思いました。
末期の癌患者に対して、モルヒネの使用量が足りていない医師が多いです。
かわいそうに、「痛い!痛い」といいながら亡くなっていく患者さんをいっぱいみてきました。自分が担当じゃない患者の治療に関しては、全く干渉できません。それが、医者同士のルール(マナー?)です。
モルヒネ(麻薬)をもっと使ったら楽になるのに・・・と思うことが本当によくあります。
僕が個人的に感じていることなのですが・・・
麻薬の使い方が下手な医者には、三流医者が多い!!
です。
だって、そうでしょ!?
癌の末期の患者で痛みを取り除いてあげることが最も大切な治療でしょ?
その部分に関して勉強不足なんですから!!

もしかしたら、
モルヒネを使いすぎる→副作用がでる→場合によっては訴えられかねない
とでも考えるのでしょうか・・・。
それで、気休め程度のモルヒネを使い、緩和ケア(痛みを取り除く治療)をした気になっているのでしょうか??
確かに、モルヒネを不十分な量しか使わない→致命的な副作用がない→患者がいくら痛くても訴えられる心配がない というのは、今の医療訴訟社会では賢いやり方なのかもしれませんが・・・。


まぁ、総合的には「医者の勉強不足は大いにあり得る」ということです。
だからこそ、賢い患者になること や 医者を選ぶこと が大切なのです。

以前に、「良い医者や病院の見分け方」(今のところ、6話分)について書きましたので、興味のある人は読んでくださいね♪

長々と書いてしまいましたが、今日はこれくらいにしときます!
では、また!!

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif
スポンサーサイト

【2006/10/11 14:47】 | 未分類 トラックバック(0) |


sun mama
こんにちは!私も昨日はテレビっ子になっていました。
<これが世界のスーパードクター>をみて先生方の志・使命感に敬服いたしました。
神の手といわれるが、私がそうなのではない。何とか治してあげたいという気持ちが神に届くのかもしれない。みたいなコメントがあったと思います。
後を担う若いお医者様が技術を磨いたりお勉強されたりよりよい情報を知る事、わかっていても出来ない位忙しい現状があるのかな・・・と。
天邪鬼様、頑張ってください!!v-221


ボスミン
昨日は・・・ものまね観てました。(^_^; アハハ…
勉強不足は医師だけでなく、自分を含めて看護師も同じですねぇ。
勉強してる先輩もいますが、薬の主作用・副作用も知らずに使ってる先輩もいます。
私も、もっともっと勉強しなくては半人前の看護師にすらなれないですね。
\(__ ) ハンセィ



見ました。
さとゆみ
あまのじゃくさんも見てるかな~とか思いながら見てました。

前々回の胃痙攣と思われる発作で、
救急病院の若い医者は私に血液検査・レントゲン検査をさせ何時間も待合室で待たせ(痛みで狂いそうでした)、
朝方、モルヒネを打ちました。
全然痛みはなくなりませんでした。

前回の胃痙攣と思われる発作では、
救急病院の呼吸器科の先生は即、
ブスコパンの注射を私に打ちました。
痛みはたちまち治まりました。

同じ症状で病院にかけつけても、
先生によって対処の仕方が違うんですよね。
前々回の先生のような対処なら初めから救急病院なんて行かない方がいいですと思いました。

sun mamaさんへ
あまのじゃく
ありがとうね~♪
これからも頑張ります!!!

はっきり言って、自分の専門分野はできて当たり前!
自分の専門以外の分野まで広い知識が必要なんです。

是非、深く狭い知識を持つ専門医よりも幅広い知識を持つオールマイティなお医者さんを選んで下さい♪

ボスミンさんへ
あまのじゃく
こんにちわ~!!
個人的な意見かも知れませんが、看護士さんが患者さんの内服するスベテの薬の作用・副作用を知っていなくても良いと思います。
内服の方法次第で致命的な事故が起こりかねない薬のみ覚えておけば良いと思います。(DMの薬やワーファリンなど、副作用に関しては、緑内障や前立腺肥大:禁 の薬などかな)

私が看護士さんに甘いのか!?というと、決してそういう訳ではなく・・・どう考えても医者よりも看護士の方が多くのスキルが必要で、医者が全く知らなくてもやっていける介護関係の知識も必要としているからです。
治療方針や薬は 医者>看護士
患者さんに直接関わるスベテ 看護士>>医者
という役割分担で医療が成り立っているからです。
(かなり、医者にとって都合の良い役割分担ですが・・・)

よく医者まがいの看護士さんがいますが・・・
僕は、ボスミンさんが「看護士の中の看護士」になって欲しいな~!って期待してます。
ある医者が、担当者の中にボスミンさんの名前をみつけて「ラッキーだ!この患者さんに関してはボスミンさんに聞けば分かるから!」
と思わせたら大したものです。
実際に、そんな看護婦さんが少ないですけど存在します。

自分は、医者の世界でのそれを目指したいと思います♪

さとゆみさんへ
あまのじゃく
こんにちわ~!

アドバイスにならないですけど・・・
夜中には病気になるな!
と若い医師の間ではよく言われることです。

夜中に救急外来にいっても、自分たちのように未熟な医師が専門に関係なくどんな患者も診るからです。
だから、昼間だったら助かったのに・・・なんて気の毒な結果になることも珍しい話ではありません!苦笑

病気は、突然やって来るものですから、仕方がないと言えば仕方がないのですが、極力、痛みの兆候があれば昼の間に病院に行くように心がけましょう!!
救急外来は、当たりハズレが余りにも大きいです。
(ちなみに、ハズレの方が多いです。私も新米医者の頃に夜間救急センターでアルバイトしました。)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!私も昨日はテレビっ子になっていました。
<これが世界のスーパードクター>をみて先生方の志・使命感に敬服いたしました。
神の手といわれるが、私がそうなのではない。何とか治してあげたいという気持ちが神に届くのかもしれない。みたいなコメントがあったと思います。
後を担う若いお医者様が技術を磨いたりお勉強されたりよりよい情報を知る事、わかっていても出来ない位忙しい現状があるのかな・・・と。
天邪鬼様、頑張ってください!!v-221
2006/10/11(Wed) 16:11 | URL  | sun mama #-[ 編集]
昨日は・・・ものまね観てました。(^_^; アハハ…
勉強不足は医師だけでなく、自分を含めて看護師も同じですねぇ。
勉強してる先輩もいますが、薬の主作用・副作用も知らずに使ってる先輩もいます。
私も、もっともっと勉強しなくては半人前の看護師にすらなれないですね。
\(__ ) ハンセィ

2006/10/11(Wed) 17:42 | URL  | ボスミン #mQop/nM.[ 編集]
見ました。
あまのじゃくさんも見てるかな~とか思いながら見てました。

前々回の胃痙攣と思われる発作で、
救急病院の若い医者は私に血液検査・レントゲン検査をさせ何時間も待合室で待たせ(痛みで狂いそうでした)、
朝方、モルヒネを打ちました。
全然痛みはなくなりませんでした。

前回の胃痙攣と思われる発作では、
救急病院の呼吸器科の先生は即、
ブスコパンの注射を私に打ちました。
痛みはたちまち治まりました。

同じ症状で病院にかけつけても、
先生によって対処の仕方が違うんですよね。
前々回の先生のような対処なら初めから救急病院なんて行かない方がいいですと思いました。
2006/10/12(Thu) 12:34 | URL  | さとゆみ #-[ 編集]
sun mamaさんへ
ありがとうね~♪
これからも頑張ります!!!

はっきり言って、自分の専門分野はできて当たり前!
自分の専門以外の分野まで広い知識が必要なんです。

是非、深く狭い知識を持つ専門医よりも幅広い知識を持つオールマイティなお医者さんを選んで下さい♪
2006/10/12(Thu) 15:25 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
ボスミンさんへ
こんにちわ~!!
個人的な意見かも知れませんが、看護士さんが患者さんの内服するスベテの薬の作用・副作用を知っていなくても良いと思います。
内服の方法次第で致命的な事故が起こりかねない薬のみ覚えておけば良いと思います。(DMの薬やワーファリンなど、副作用に関しては、緑内障や前立腺肥大:禁 の薬などかな)

私が看護士さんに甘いのか!?というと、決してそういう訳ではなく・・・どう考えても医者よりも看護士の方が多くのスキルが必要で、医者が全く知らなくてもやっていける介護関係の知識も必要としているからです。
治療方針や薬は 医者>看護士
患者さんに直接関わるスベテ 看護士>>医者
という役割分担で医療が成り立っているからです。
(かなり、医者にとって都合の良い役割分担ですが・・・)

よく医者まがいの看護士さんがいますが・・・
僕は、ボスミンさんが「看護士の中の看護士」になって欲しいな~!って期待してます。
ある医者が、担当者の中にボスミンさんの名前をみつけて「ラッキーだ!この患者さんに関してはボスミンさんに聞けば分かるから!」
と思わせたら大したものです。
実際に、そんな看護婦さんが少ないですけど存在します。

自分は、医者の世界でのそれを目指したいと思います♪
2006/10/12(Thu) 15:50 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
さとゆみさんへ
こんにちわ~!

アドバイスにならないですけど・・・
夜中には病気になるな!
と若い医師の間ではよく言われることです。

夜中に救急外来にいっても、自分たちのように未熟な医師が専門に関係なくどんな患者も診るからです。
だから、昼間だったら助かったのに・・・なんて気の毒な結果になることも珍しい話ではありません!苦笑

病気は、突然やって来るものですから、仕方がないと言えば仕方がないのですが、極力、痛みの兆候があれば昼の間に病院に行くように心がけましょう!!
救急外来は、当たりハズレが余りにも大きいです。
(ちなみに、ハズレの方が多いです。私も新米医者の頃に夜間救急センターでアルバイトしました。)
2006/10/12(Thu) 16:00 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。