上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ~!
やっと暑さも納まってきたましたね♪

で、今日の話は・・・

たまには、いい話もしなきゃな~
と思って私が担当した患者さんの話をすることにしました。

医療の世界は決して悪いことばかりではありません。
ロクでもない話と同じくらいの数だけ感動するような良い話もいっぱいあるんですよ~♪というも知って欲しいなと思います。

つづき↓
下手な書き手なので、ちゃんと伝わってくれたらいいのですが・・・
当然、ノンフィクションです!
・・・
さっそくですが、私の患者さんの話を始めますね。

その患者Aさん(75歳前後 男性)は、脳梗塞のため歩行不可となりリハビリテーション目的(療養目的)でウチの病院に入院してきました。

ある程度自立していて、食事も自分で食べていました。
そして、いつも隣には奥さんがベッド脇に座っていて何かとAさんのことを気にかけていました。

私は担当医だったので毎朝会いに行くのですが、あまり話をしない人なのでなかなか会話になりません。いつ会いにいっても、隣の奥さんはジッと座っていて二人の間で会話をしているのを見かけたことがありません。
だから、私がAさんに会いに行ったら半分以上は奥さんとの会話(世間話?)になってしまいます。笑
Aさんに向かって「何か痛いところとか困ったことはないですか?食欲はありますか?」と聞いたらいつも、うんうんと(言葉にはだしません)うなずくだけです。
(ちなみに、この「うんうん」も最初の頃は無表情の「うんうん」だったのですが、数ヶ月たてば少しにこやかな「うんうん」になります!)

奥さんは、「私が話かけても全然、返事もしてくれないのよ~」とよく口癖のように言っていたのを覚えています。

そんなAさんの「うんうん(うなづき)」ですが、何か困ったことがあっても同じ「うんうん」なのです!!!
皮膚が少し弱いみたいで、たまに耳の後ろが赤くなってとても痒(かゆ)そうにしていることがあるのですが、「困っていることはない」といって「うんうん」をします。
熱(38度くらい)がでて、しんどそうな時もやっぱり「困ったことはないか?」の質問に対して「うんうん」(大丈夫)といつも通りに返してくれます。

奥さんが代わりに、「耳のうしろを診てくれますか?とても痒そうにしています。いつも手が耳のうしろにいきます。」と私に教えてくれますが、そのあとで旦那さん(Aさん)に怒られるそうです。

戦前の教育を受けてこられた方に多いのですが、意地でも「痛い」とか「暑い」とかを訴えないのです。
ヤセ我慢こそ男の美学なのです!!!

僕は、そういう人間が大好きです。(当然、Aさんのことも大好きです。)
うん!俺も見習わなければ!と今でも思っています。

でも、実は医療現場では訴えをしてくれなければ困ります。(←当然か・・・笑)
そして、このAさんの場合は、奥さんが毎回代わりに訴えを教えてくれます。「先生、今日は熱っぽいようなんです。診てくれませんか?」と・・・そして、いつものようにAさんに怒られます!笑


一年以上、そんな感じで平和な入院生活が続きました。


しかし、脳梗塞というのはどうしてもゆっくり徐々に進行してくることが多いです。
1年前は自分で食事をしていたのに、食事の介助(食べさせてもらう)が必要になってきました。自分の力で座った状態を保持することも難しくなってきました。

その後、数ヶ月もしたら今度は口まで運んでもらった食べ物を自分で飲み込むこと(「嚥下」といいます)も難しくなりました。
食べ物を食べたらムセるのです。(食べ物が食道に行かないで気管に入ってしまいます。)
こうなったら、口からゴハンを食べるのは危険です。
喉に詰まって窒息するかもしれませんし、そうならなくても気管に入った食べ物が原因で肺炎を頻発するようになります。

さて・・・
どうしようか・・・?


残念ですが「これは、もう寿命だな。無理をしても仕方がない。」と内心思いました。
しかし、会いに行けば奥さんはAさんのためにいつも一生懸命です。
この頃から、奥さんが付きっきりの看病で身体を壊してしまうことを心配した1人息子のお嫁さんも頻繁に付き添いをするようになりました。今度は、ふたりで一生懸命です!!!

私は考えました。
たぶん、Aさんにとっては本意ではない処置だが・・・
この二人のために無理をしてでも長生きしてもらって良いのでは?きっと、Aさんも許してくれるのではないか?

この「本意ではない処置」というのは「胃瘻(いろう)」という名の処置です。その内容はお腹から胃に穴を空けてチューブを入れ、そこから食事を入れるということです。これによって、口から食べ物を入れなくてもチューブ経由で胃に直接食べ物が入ります。
うまくいけば、半永久的に「長生き」できます。
(しかし、身体は動きませんし食べる楽しみもありません。餓死しないで心臓が動いているという意味での「生きている」です。)

奥さんと息子の嫁のふたりからは「是非、胃瘻を造って下さい。生きるためにそれしか方法がないのでは仕方がありません!」という返事がかえってきました。

ところが・・・

「胃に穴をあける」という話を聞いた息子さんは猛反発しました
たぶん、親父はそれを望んでいない。
胃に穴をあけてまで生かして欲しいとは思わないだろう・・・
本当にそれしか方法はないのだろうか!?!?

この状態では誰もがそう思うのではないでしょうか?
3人での話し合いは平行線をたどりました。

それまでに、Aさんは誤嚥(食べ物が気管に入る)による肺炎を2回発症していました。
そして、この間(話が平行線の間)にAさんは窒息して一度心臓が止まりました。幸い発見が早かったために、心肺蘇生をして戻ってくることができました。

そして、実際に心臓が止まったのを目の当たりにしたためか、奥さんと嫁さんの熱意に負けたためかわかりませんが、とうとう息子さんからも「胃瘻造設」の許可(願い?)がおりました


少し話が長くなったので、つづきは次回にしますね!(。・ω・)ノ

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
下手な書き手なので、ちゃんと伝わってくれたらいいのですが・・・
当然、ノンフィクションです!
・・・
さっそくですが、私の患者さんの話を始めますね。

その患者Aさん(75歳前後 男性)は、脳梗塞のため歩行不可となりリハビリテーション目的(療養目的)でウチの病院に入院してきました。

ある程度自立していて、食事も自分で食べていました。
そして、いつも隣には奥さんがベッド脇に座っていて何かとAさんのことを気にかけていました。

私は担当医だったので毎朝会いに行くのですが、あまり話をしない人なのでなかなか会話になりません。いつ会いにいっても、隣の奥さんはジッと座っていて二人の間で会話をしているのを見かけたことがありません。
だから、私がAさんに会いに行ったら半分以上は奥さんとの会話(世間話?)になってしまいます。笑
Aさんに向かって「何か痛いところとか困ったことはないですか?食欲はありますか?」と聞いたらいつも、うんうんと(言葉にはだしません)うなずくだけです。
(ちなみに、この「うんうん」も最初の頃は無表情の「うんうん」だったのですが、数ヶ月たてば少しにこやかな「うんうん」になります!)

奥さんは、「私が話かけても全然、返事もしてくれないのよ~」とよく口癖のように言っていたのを覚えています。

そんなAさんの「うんうん(うなづき)」ですが、何か困ったことがあっても同じ「うんうん」なのです!!!
皮膚が少し弱いみたいで、たまに耳の後ろが赤くなってとても痒(かゆ)そうにしていることがあるのですが、「困っていることはない」といって「うんうん」をします。
熱(38度くらい)がでて、しんどそうな時もやっぱり「困ったことはないか?」の質問に対して「うんうん」(大丈夫)といつも通りに返してくれます。

奥さんが代わりに、「耳のうしろを診てくれますか?とても痒そうにしています。いつも手が耳のうしろにいきます。」と私に教えてくれますが、そのあとで旦那さん(Aさん)に怒られるそうです。

戦前の教育を受けてこられた方に多いのですが、意地でも「痛い」とか「暑い」とかを訴えないのです。
ヤセ我慢こそ男の美学なのです!!!

僕は、そういう人間が大好きです。(当然、Aさんのことも大好きです。)
うん!俺も見習わなければ!と今でも思っています。

でも、実は医療現場では訴えをしてくれなければ困ります。(←当然か・・・笑)
そして、このAさんの場合は、奥さんが毎回代わりに訴えを教えてくれます。「先生、今日は熱っぽいようなんです。診てくれませんか?」と・・・そして、いつものようにAさんに怒られます!笑


一年以上、そんな感じで平和な入院生活が続きました。


しかし、脳梗塞というのはどうしてもゆっくり徐々に進行してくることが多いです。
1年前は自分で食事をしていたのに、食事の介助(食べさせてもらう)が必要になってきました。自分の力で座った状態を保持することも難しくなってきました。

その後、数ヶ月もしたら今度は口まで運んでもらった食べ物を自分で飲み込むこと(「嚥下」といいます)も難しくなりました。
食べ物を食べたらムセるのです。(食べ物が食道に行かないで気管に入ってしまいます。)
こうなったら、口からゴハンを食べるのは危険です。
喉に詰まって窒息するかもしれませんし、そうならなくても気管に入った食べ物が原因で肺炎を頻発するようになります。

さて・・・
どうしようか・・・?


残念ですが「これは、もう寿命だな。無理をしても仕方がない。」と内心思いました。
しかし、会いに行けば奥さんはAさんのためにいつも一生懸命です。
この頃から、奥さんが付きっきりの看病で身体を壊してしまうことを心配した1人息子のお嫁さんも頻繁に付き添いをするようになりました。今度は、ふたりで一生懸命です!!!

私は考えました。
たぶん、Aさんにとっては本意ではない処置だが・・・
この二人のために無理をしてでも長生きしてもらって良いのでは?きっと、Aさんも許してくれるのではないか?

この「本意ではない処置」というのは「胃瘻(いろう)」という名の処置です。その内容はお腹から胃に穴を空けてチューブを入れ、そこから食事を入れるということです。これによって、口から食べ物を入れなくてもチューブ経由で胃に直接食べ物が入ります。
うまくいけば、半永久的に「長生き」できます。
(しかし、身体は動きませんし食べる楽しみもありません。餓死しないで心臓が動いているという意味での「生きている」です。)

奥さんと息子の嫁のふたりからは「是非、胃瘻を造って下さい。生きるためにそれしか方法がないのでは仕方がありません!」という返事がかえってきました。

ところが・・・

「胃に穴をあける」という話を聞いた息子さんは猛反発しました
たぶん、親父はそれを望んでいない。
胃に穴をあけてまで生かして欲しいとは思わないだろう・・・
本当にそれしか方法はないのだろうか!?!?

この状態では誰もがそう思うのではないでしょうか?
3人での話し合いは平行線をたどりました。

それまでに、Aさんは誤嚥(食べ物が気管に入る)による肺炎を2回発症していました。
そして、この間(話が平行線の間)にAさんは窒息して一度心臓が止まりました。幸い発見が早かったために、心肺蘇生をして戻ってくることができました。

そして、実際に心臓が止まったのを目の当たりにしたためか、奥さんと嫁さんの熱意に負けたためかわかりませんが、とうとう息子さんからも「胃瘻造設」の許可(願い?)がおりました


少し話が長くなったので、つづきは次回にしますね!(。・ω・)ノ

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:家族・身内 - ジャンル:心と身体

【2006/09/08 16:13】 | ノンフィクション トラックバック(0) |

あまのじゃくさんへ
sora
何でも決断する時は迷いますね。
どの道が正しいのか
どれが本人の為になるのか
あまのじゃくさんにとっても
告知同様、負担大きいでしょうね。
あまのじゃくさん
キレイな空気で大きく深呼吸して
ストレス解消して下さいね。

父のこと・・・・
るみにゃんママ
 なんだか父のことを思い出してしまいました・・・。
父も戦前の人ですから痛いとか、辛いとか言わない人でした。39度近く熱があっても、頭皮を5針縫う怪我をしても仕事に行きました。母は家に帰ったら倒れてるんじゃないかと思ったときもあった・・・と言っていました。
 末期ガンで入院しているときも痛いとか、辛いとかは一切言いませんでしたが検査データを見ながらそろそろモルヒネ使ってくださいとこちらから主治医にお願いしました。

 きっとガマンしていたんだと思います。痛かったと思います・・・・昔かたぎのガンコオヤジです・・・。
 だから、家族で相談して延命措置は一切しないでくださいとお願いしておきました。スパゲティ症候群の姿はきっと父なら人に見せたくないだろうから・・・。
 今思えば、このガンコさと我慢強さのおかげで今の私があります・・・。
 アハ・・・なんだか私の思い出話ばっかりになってしまいました・・・ごめんなさい・・・。
 でも、soraさんのおっしゃるとおり決断は難しいですよね・・・自分自身の人生の決断だって難しく、そして結果を受け入れるのはもっと難しかったりしますから・・・。
 
 

soraさんへ
あまのじゃく
お気遣いありがとうございます!

全く同じような症例と経過だったとしても、患者さんによって正しい治療方法が異なることが多々あります。

その時その時で、「一番良かったな・・・」と思ってもらえる選択肢をみつけることが私の仕事だと思うのですが・・・

現実は、なかなか甘くないなぁ・・・

というのが正直な感想かな~

はい!!
弱音を吐いてる場合じゃありません!
まだまだ、頑張りますよ~!

るみにゃんママさんへ
あまのじゃく
こんばんわ~

昔かたぎのガンコオヤジ!

いいですね。
僕は大好きです。
でも、最近はとても減りました。
特に、戦後生まれの男の人(私も?)はヘタレが多いです。
一回の採血ミスで、
看護婦さんが採血を失敗した!
といって大の男が激怒することがあります。
だいたい、戦後生まれの中年です。

昔かたぎのガンコオヤジ!
とは、数が減りつつある古き良き男のことですね♪




はじめまして
カズP
何処かのブログから辿り着いて以来、時々寄らして貰ってました。
今日の記事を読んで、父と何か似ているなって思って。
ガンコは世代よるものなのか?
それとも性格なんでしょうかね。

ただ、父は『身体の痛み』には弱くて、直ぐに訴えてましたね。(痩せていたからかな?)
でも、高熱を出しても平気?らしく、39℃の熱でも平然としてました(分からないって事はないと思う)
だから、体温には注意してましたけど。

記事、これからも楽しみにしています。

あまのじゃくさんへ
sora
全く同じような症例と経過だったとしても、患者さんによって正しい治療方法が異なることが多々あります。
>でしょうね。十人十色ですね。

その時その時で、「一番良かったな・・・」と思ってもらえる選択肢をみつけることが私の仕事だと思うのですが・・・
>過度の疲労も有るでしょうね。

現実は、なかなか甘くないなぁ・・・
>そうですね。

というのが正直な感想かな~
>あまのじゃくさんも自分に正直な方ですね。

弱音を吐いてる場合じゃありません!
>時には弱音吐いていいですよ。人間ですものね。

まだまだ、頑張りますよ~!
>時には、自然の風、木々、空を見上げて
空気大きく吸って肩の力抜いてくださいね。

患者はあまのじゃくさんの、温かいお心
笑顔にきっと救われてるはずと私は感じます。

カズPへ
あまのじゃく
お返事遅くなってすみません!

初めまして!
以前にも来てくれていたのですね!?
コメントしてくれてとても嬉しいです。
一方通行のブログよりも、対話になるようなブログの方が楽しいです。
これからも、末永く宜しくね!!!

本題ですが・・・
加齢とか老衰というのは、決して他人事ではないですよね!?
きっと、お父様の老後をみることは自分の○十年後を考える上でとても有り難い情報になるはず♪

私も親父の頑固さを見習いたいものです・・・
ちなみに、昨日の休日も親父と呑みまくりでした!笑

soraさんへ
あまのじゃく
有り難いお言葉に本当に、

心から感謝!!!

です。
励みになります!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あまのじゃくさんへ
何でも決断する時は迷いますね。
どの道が正しいのか
どれが本人の為になるのか
あまのじゃくさんにとっても
告知同様、負担大きいでしょうね。
あまのじゃくさん
キレイな空気で大きく深呼吸して
ストレス解消して下さいね。
2006/09/08(Fri) 19:38 | URL  | sora #hLzpGkQo[ 編集]
父のこと・・・・
 なんだか父のことを思い出してしまいました・・・。
父も戦前の人ですから痛いとか、辛いとか言わない人でした。39度近く熱があっても、頭皮を5針縫う怪我をしても仕事に行きました。母は家に帰ったら倒れてるんじゃないかと思ったときもあった・・・と言っていました。
 末期ガンで入院しているときも痛いとか、辛いとかは一切言いませんでしたが検査データを見ながらそろそろモルヒネ使ってくださいとこちらから主治医にお願いしました。

 きっとガマンしていたんだと思います。痛かったと思います・・・・昔かたぎのガンコオヤジです・・・。
 だから、家族で相談して延命措置は一切しないでくださいとお願いしておきました。スパゲティ症候群の姿はきっと父なら人に見せたくないだろうから・・・。
 今思えば、このガンコさと我慢強さのおかげで今の私があります・・・。
 アハ・・・なんだか私の思い出話ばっかりになってしまいました・・・ごめんなさい・・・。
 でも、soraさんのおっしゃるとおり決断は難しいですよね・・・自分自身の人生の決断だって難しく、そして結果を受け入れるのはもっと難しかったりしますから・・・。
 
 
2006/09/09(Sat) 02:55 | URL  | るみにゃんママ #-[ 編集]
soraさんへ
お気遣いありがとうございます!

全く同じような症例と経過だったとしても、患者さんによって正しい治療方法が異なることが多々あります。

その時その時で、「一番良かったな・・・」と思ってもらえる選択肢をみつけることが私の仕事だと思うのですが・・・

現実は、なかなか甘くないなぁ・・・

というのが正直な感想かな~

はい!!
弱音を吐いてる場合じゃありません!
まだまだ、頑張りますよ~!
2006/09/09(Sat) 23:44 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
るみにゃんママさんへ
こんばんわ~

昔かたぎのガンコオヤジ!

いいですね。
僕は大好きです。
でも、最近はとても減りました。
特に、戦後生まれの男の人(私も?)はヘタレが多いです。
一回の採血ミスで、
看護婦さんが採血を失敗した!
といって大の男が激怒することがあります。
だいたい、戦後生まれの中年です。

昔かたぎのガンコオヤジ!
とは、数が減りつつある古き良き男のことですね♪


2006/09/10(Sun) 00:02 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
はじめまして
何処かのブログから辿り着いて以来、時々寄らして貰ってました。
今日の記事を読んで、父と何か似ているなって思って。
ガンコは世代よるものなのか?
それとも性格なんでしょうかね。

ただ、父は『身体の痛み』には弱くて、直ぐに訴えてましたね。(痩せていたからかな?)
でも、高熱を出しても平気?らしく、39℃の熱でも平然としてました(分からないって事はないと思う)
だから、体温には注意してましたけど。

記事、これからも楽しみにしています。
2006/09/10(Sun) 00:55 | URL  | カズP #H6hNXAII[ 編集]
あまのじゃくさんへ
全く同じような症例と経過だったとしても、患者さんによって正しい治療方法が異なることが多々あります。
>でしょうね。十人十色ですね。

その時その時で、「一番良かったな・・・」と思ってもらえる選択肢をみつけることが私の仕事だと思うのですが・・・
>過度の疲労も有るでしょうね。

現実は、なかなか甘くないなぁ・・・
>そうですね。

というのが正直な感想かな~
>あまのじゃくさんも自分に正直な方ですね。

弱音を吐いてる場合じゃありません!
>時には弱音吐いていいですよ。人間ですものね。

まだまだ、頑張りますよ~!
>時には、自然の風、木々、空を見上げて
空気大きく吸って肩の力抜いてくださいね。

患者はあまのじゃくさんの、温かいお心
笑顔にきっと救われてるはずと私は感じます。
2006/09/11(Mon) 13:25 | URL  | sora #hLzpGkQo[ 編集]
カズPへ
お返事遅くなってすみません!

初めまして!
以前にも来てくれていたのですね!?
コメントしてくれてとても嬉しいです。
一方通行のブログよりも、対話になるようなブログの方が楽しいです。
これからも、末永く宜しくね!!!

本題ですが・・・
加齢とか老衰というのは、決して他人事ではないですよね!?
きっと、お父様の老後をみることは自分の○十年後を考える上でとても有り難い情報になるはず♪

私も親父の頑固さを見習いたいものです・・・
ちなみに、昨日の休日も親父と呑みまくりでした!笑
2006/09/11(Mon) 16:48 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
soraさんへ
有り難いお言葉に本当に、

心から感謝!!!

です。
励みになります!
2006/09/11(Mon) 16:51 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。