上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ~!

休みをもらってドライブがてら山に滝を見にいってきました!
途中で雨が降ってきたので2カ所だけ!(そのうち一カ所は、日本百選に選ばれた滝です。)

滝をみてたら・・・
暑さもストレスも吹き飛んでしまいました♪

理屈ではありません!

自然というのは、そういうものなのでしょうね~。

つづき↓

20060830134417.jpg

ところで、「8/26 産科の無資格助産問題」で興味を持たれた方に追加(経過)ニュースを報告・添付させて頂きます。
興味のある方のみ読んで下さい。

記事:毎日新聞社

【2006年8月29日】
横浜・病院無資格助産行為:現場の待遇改善を 山路・白梅学園大教授に聞く /神奈川

 ◇厚生労働省検討会座長・山路憲夫教授(白梅学園大)に聞く

 横浜市瀬谷区の産婦人科病院「堀病院」(堀健一院長)による保健師助産師看護師法違反(無資格助産)事件で、同法のあり方に関する厚生労働省の検討会座長を務めた山路憲夫・白梅学園大教授(59)が28日、毎日新聞のインタビューに応じた。山路教授は産道に指を入れてお産の進行状況を見る「内診」について「高度な医療行為で、専門家である助産師と医師以外に認めるべきではない」と主張。「助産師は不足と言うほどではない。産科現場での待遇改善が急務」と指摘した。【伊藤直孝、写真も】

 ◇証拠があるなら立件当然

 ----昨年4-11月に検討会で、看護師の内診についてどのような議論が交わされたのか。

 山路教授 日本産婦人科医会は助産師の人手不足を理由に、看護師に分娩(ぶんべん)第1期(陣痛開始後、子宮口全開まで)の内診を認めてほしいと陳情していた。02、04年に厚労省は「認められない」と通知したが、これも含め保助看法の課題を話し合おうと検討会が開かれた。取りまとめは「両論併記」と言われたが、内診は微妙な判断を要する医療行為で、医師と助産師以外に認めるべきではないとの意見が大多数だった。

 ----助産師は不足しているのか。

 山路教授 厚労省の報告書をみると、10年は助産師の需要2万9600人に対し、供給は2万8700人となる見通し。日本助産師会は稼働していない人も含め助産師が5万5000いると試算しており、看護師として働いている助産師もかなりいるはずだ。不足というほどではない。

 一方、滋賀県は昨年3月、助産師の勤務実態について、産科診療所は病院に比べ労働条件が悪く、パートも多いとの報告をまとめた。そもそも産科診療所が正規の助産師募集をしていないから、助産師が根付かない、常勤助産師がいない産科診療所もたくさんある。厚労省は産科診療所に助産師配置を義務付ける立法措置が必要ではないか。

 ----産科は経営が苦しいので、助産師の正規雇用が難しいのでは。

 山路教授 中央社会保険医療協議会の実態調査をみると、産科は相対的には厳しいが、経営が成り立たず、診療報酬を上げなければいけないほどの実態はない。結局、人件費を削るために助産師を正規雇用していないから、看護師に内診を認めてほしい、と主張しているように見える。安易な考えだと思う。

 ----事件によって産科医の分娩離れが加速するのでは。

 山路教授 看護師の助産行為は現行法上明らかに違法で、証拠があるなら警察が立件するのは当然だ。まして分娩第2期の准看護師の内診が事実とすれば、検討会の議論(分娩第1期)以前の問題だ。これまで半ば公然とやっていた産科医側は反省するきっかけとしてほしい。

……………………………………………………………………………
 ■人物略歴

 ◇やまじ・のりお

 1946年三重県生まれ。慶応大卒業後、70年毎日新聞社入社。論説委員などを経て03年4月から白梅学園短大教授(社会保障論)。昨年4月から現職。著書に「医療保険がつぶれる」(法研)など。



キレイに厚生省は予想通りの動きをしてきました。
私は、前回も云いましたがどうして医師の資格もなく、助産師の資格もなく、実際の現場で働いている訳でもない政府のお偉いさんがこんな偉そうな発言をするのでしょうか?
この人に今回の事件の正誤を判断するだけの能力はないと思うのですが・・・。

まず・・・
私は医師の資格を持っていますが助産行為については学生の頃に1~2回みただけで、全く助産の役に立ちません。でも法律上は、問題ありません!
子宮口チェックの内診をしたのが私だったら良かったのでしょうか?笑

厚生省に言いたいです・・・

仕事をして下さい!

うん!我ながら辛口だ♪
敵が増えすぎたらどうしよう!?笑

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ところで、「8/26 産科の無資格助産問題」で興味を持たれた方に追加(経過)ニュースを報告・添付させて頂きます。
興味のある方のみ読んで下さい。

記事:毎日新聞社

【2006年8月29日】
横浜・病院無資格助産行為:現場の待遇改善を 山路・白梅学園大教授に聞く /神奈川

 ◇厚生労働省検討会座長・山路憲夫教授(白梅学園大)に聞く

 横浜市瀬谷区の産婦人科病院「堀病院」(堀健一院長)による保健師助産師看護師法違反(無資格助産)事件で、同法のあり方に関する厚生労働省の検討会座長を務めた山路憲夫・白梅学園大教授(59)が28日、毎日新聞のインタビューに応じた。山路教授は産道に指を入れてお産の進行状況を見る「内診」について「高度な医療行為で、専門家である助産師と医師以外に認めるべきではない」と主張。「助産師は不足と言うほどではない。産科現場での待遇改善が急務」と指摘した。【伊藤直孝、写真も】

 ◇証拠があるなら立件当然

 ----昨年4-11月に検討会で、看護師の内診についてどのような議論が交わされたのか。

 山路教授 日本産婦人科医会は助産師の人手不足を理由に、看護師に分娩(ぶんべん)第1期(陣痛開始後、子宮口全開まで)の内診を認めてほしいと陳情していた。02、04年に厚労省は「認められない」と通知したが、これも含め保助看法の課題を話し合おうと検討会が開かれた。取りまとめは「両論併記」と言われたが、内診は微妙な判断を要する医療行為で、医師と助産師以外に認めるべきではないとの意見が大多数だった。

 ----助産師は不足しているのか。

 山路教授 厚労省の報告書をみると、10年は助産師の需要2万9600人に対し、供給は2万8700人となる見通し。日本助産師会は稼働していない人も含め助産師が5万5000いると試算しており、看護師として働いている助産師もかなりいるはずだ。不足というほどではない。

 一方、滋賀県は昨年3月、助産師の勤務実態について、産科診療所は病院に比べ労働条件が悪く、パートも多いとの報告をまとめた。そもそも産科診療所が正規の助産師募集をしていないから、助産師が根付かない、常勤助産師がいない産科診療所もたくさんある。厚労省は産科診療所に助産師配置を義務付ける立法措置が必要ではないか。

 ----産科は経営が苦しいので、助産師の正規雇用が難しいのでは。

 山路教授 中央社会保険医療協議会の実態調査をみると、産科は相対的には厳しいが、経営が成り立たず、診療報酬を上げなければいけないほどの実態はない。結局、人件費を削るために助産師を正規雇用していないから、看護師に内診を認めてほしい、と主張しているように見える。安易な考えだと思う。

 ----事件によって産科医の分娩離れが加速するのでは。

 山路教授 看護師の助産行為は現行法上明らかに違法で、証拠があるなら警察が立件するのは当然だ。まして分娩第2期の准看護師の内診が事実とすれば、検討会の議論(分娩第1期)以前の問題だ。これまで半ば公然とやっていた産科医側は反省するきっかけとしてほしい。

……………………………………………………………………………
 ■人物略歴

 ◇やまじ・のりお

 1946年三重県生まれ。慶応大卒業後、70年毎日新聞社入社。論説委員などを経て03年4月から白梅学園短大教授(社会保障論)。昨年4月から現職。著書に「医療保険がつぶれる」(法研)など。



キレイに厚生省は予想通りの動きをしてきました。
私は、前回も云いましたがどうして医師の資格もなく、助産師の資格もなく、実際の現場で働いている訳でもない政府のお偉いさんがこんな偉そうな発言をするのでしょうか?
この人に今回の事件の正誤を判断するだけの能力はないと思うのですが・・・。

まず・・・
私は医師の資格を持っていますが助産行為については学生の頃に1~2回みただけで、全く助産の役に立ちません。でも法律上は、問題ありません!
子宮口チェックの内診をしたのが私だったら良かったのでしょうか?笑

厚生省に言いたいです・・・

仕事をして下さい!

うん!我ながら辛口だ♪
敵が増えすぎたらどうしよう!?笑

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

【2006/08/30 14:18】 | 医療ニュース! トラックバック(0) |

はじめまして
ぺペロンチーノ
素敵な写真にひきよせられまして立ち寄りました。
お医者さんもお休みがいただけるのはいいですね。
ストレス発散できましたか?v-48
よかった・・・。
医療の問題は大変ですね。
無資格者でも経験をつめば一流です(笑)
どうしても、無資格者でことをすませてしまうっていうのは良くわかります(笑)それで間に合ってるから、従業員を増やさないんじゃないでしょうか?ここで何が問題なんでしょうね。
これもまた沢山の問題・・・ですよね。

話は変わりますが・・・・
先日 看護婦さんにももっと 上へ・・・てTVでやっていました。はっきりいって、看護婦さんは知識は不足しています。お医者さんが看護婦さんをどう思っているかはわかりませんが、多分全然想像しているより低いと思います。だから、いろいろなこと任せているけど、あ・ぶ・な・い場面は多いです。産婦人科でそういう問題がおきて、色々な病院は少し考えなきゃいけないことも沢山あると思います。どこでも 医師がしないといけないこと、やってますよね(笑)もっと看護婦さんが学んで偉くならないと・・・事故っっておきると思います。それから、開業されるのであれば、寝る間もない日々送ってでも、患者さんを医師がみるぞーーーって責任もって欲しいですね。でもそれだったら・・・絶対無理むりですよね。

はじめてですみません。おこられるようなことばかりかきました。お許しください。
またつぶやきにきます。

アタマでっかちナースも困るのよ~
るみにゃんママ
 今回も考えさせられますね~。医師も看護師も検査技師だって現在の配属以外には驚くほど疎いのが現状ではないでしょうか。
 私自身、ときどき「え・・・」という場面に出くわしますから・・・。
 他方、准看護師と正看護師では「試験」においては正看護師の方が難解な試験をクリアしているわけですが、最新情報は・・・? 資格取得後の自主的な学習しかないわけです。また、採血技術一つにしても正看護師だから上手か? というと准看護師でもすばらしい技術を持っている人もいれば正看護師でも危なっかしい人もいます。現実の違いは給料だけですから・・・(ToT)
 技術と知識は車の両輪のような関係だと私は思っています。なので前回書いたように、資格制度についても議論し見直さなければならない部分もあると思うのです。
 とりあえずは全体的な底上げでしょうかね~・・・。
厚生省仕事せい! は同感です!!
 PS 滝もいいですが行くヒマカネのない私はスポーツマッサージ延長~~です! Pochi!

ぺペロンチーノさんへ
あまのじゃく
はじめまして!
そして、ようこそ♪(⌒-⌒)

自然に触れるっていうのは、最高ですよ~♪
マイナスイオンをいっぱい浴びて、心も身体もリフレッシュできます♪是非、お勧めです。

あ・・・言い忘れましたが、コメントありがとうございます!!!

看護婦さんの知識面に関しては、おっしゃる通りかもしれませんね~。
ですが、看護婦さんの実技の経験面に関しては医者を遙かに凌ぐことが多いです。
そして・・・
医療現場では、知識よりも経験がモノをいうことが非常に多いと感じます。
なかなか看護婦さんは侮れませんよ!?笑
ただ、ぺペロンチーノさんの言う通り、知識面に関しては弱いことが多いですね~。

>医者ができる限り、すべての手技を医者が行ったほうがいい!?

ということですが・・・
全くそのとおり!!!
というか、そうしたい!です。

たぶん、担当患者さんが5~7人位だったら採血から何から何までスベテ担当医の私ができるでしょう。
ということは・・・
医師の給料を1/3にして医者の数を3倍に増やして欲しいです!!!そうしたら可能ですね♪

医者が余っている。医師数過剰の時代は近い。」といった厚生省や医師会のお偉いさんは、会見でも開いて国民の皆さんに謝って欲しいもんですね・・・苦笑

ウチのブログは、(私もそうですが)好き勝手に思ったことを好きなように主張するブログです。
これからも気軽につぶやきに来て下さいね♪

るみにゃんママさんへ
あまのじゃく
正看護婦と准看護婦さんの話ですね~。

私の正直な感想なのですが・・・
全く違いがありません!

看護婦さんの仕事は、(私にとっては)経験がとても大切だと感じています。
必要最小限の知識」と「スキル・経験」が大事!
で、能力に差がでるのは後者の方ですよね~

だから、ある程度経験を積んだ準看護婦さんと正看護婦さんに全く能力の差は感じません。

準看護婦さんを勤務歴5年で無条件に正看護婦にしても良いと思います!!!
5年目以降は、給料に差はなし♪

るみにゃんママさんはどう思いますか!?

より近い立場から一言お願いしま~す♪

更新制度でステップアップ
るみにゃんママ
 例えば・・・ピアノ講師は電子オルガン講師にはなれません・・・その逆もしかり・・・。しかし、両方できる方もいます。
 ナースも長年勤務した科の知識やスキルは維持、向上してもその他の科の知識やスキルは・・・? とう方も見かけます。
 ですから、全てのナースが若葉マークは准看護師、そして、あまのじゃくさまのおっしゃるとおり、5年以上同一科で勤務すれば一定の条件(試験)を経て、正看護師に昇格する制度があってもいいのではないかと思います。逆に、10年勤務してもその試験にパスできなければ昇格できないということになります。
 実質、業務には差異はありませんし、知識やスキルは正だろうが准だろうが個人の問題になってきますから。ある意味、更新制度のようなものですが、ここでふるいにかければ適職ではない人たちがバーンアウトと騒ぎ立てることも低減させることができるのではないかとも思います。
 厚労省じゃないですが、看護教育のカリキュラムを臨床経験の乏しい学者や化石が作ったりしてますから・・・。せめて臨床現場に出ても研鑽を積み重ねることを惜しまない人間教育を看護学生の間にしてほしいものです。前回も申し上げたように知識とスキルは車の両輪のようなものですから、知識をスキルとして活かすためにはどちらがかけても成り立ちませんし、なにより自己努力が不可欠! ですから、自己努力を惜しまない「人を育てる」教育と厳しいですが、ダメなら看護学生の間にふるい落とすことも必要ではないかと思います。
 皆様のご意見もお聞かせください。
長くなってごめんなさい・・・<m(__)m>

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
素敵な写真にひきよせられまして立ち寄りました。
お医者さんもお休みがいただけるのはいいですね。
ストレス発散できましたか?v-48
よかった・・・。
医療の問題は大変ですね。
無資格者でも経験をつめば一流です(笑)
どうしても、無資格者でことをすませてしまうっていうのは良くわかります(笑)それで間に合ってるから、従業員を増やさないんじゃないでしょうか?ここで何が問題なんでしょうね。
これもまた沢山の問題・・・ですよね。

話は変わりますが・・・・
先日 看護婦さんにももっと 上へ・・・てTVでやっていました。はっきりいって、看護婦さんは知識は不足しています。お医者さんが看護婦さんをどう思っているかはわかりませんが、多分全然想像しているより低いと思います。だから、いろいろなこと任せているけど、あ・ぶ・な・い場面は多いです。産婦人科でそういう問題がおきて、色々な病院は少し考えなきゃいけないことも沢山あると思います。どこでも 医師がしないといけないこと、やってますよね(笑)もっと看護婦さんが学んで偉くならないと・・・事故っっておきると思います。それから、開業されるのであれば、寝る間もない日々送ってでも、患者さんを医師がみるぞーーーって責任もって欲しいですね。でもそれだったら・・・絶対無理むりですよね。

はじめてですみません。おこられるようなことばかりかきました。お許しください。
またつぶやきにきます。
2006/08/30(Wed) 23:24 | URL  | ぺペロンチーノ #HfMzn2gY[ 編集]
アタマでっかちナースも困るのよ~
 今回も考えさせられますね~。医師も看護師も検査技師だって現在の配属以外には驚くほど疎いのが現状ではないでしょうか。
 私自身、ときどき「え・・・」という場面に出くわしますから・・・。
 他方、准看護師と正看護師では「試験」においては正看護師の方が難解な試験をクリアしているわけですが、最新情報は・・・? 資格取得後の自主的な学習しかないわけです。また、採血技術一つにしても正看護師だから上手か? というと准看護師でもすばらしい技術を持っている人もいれば正看護師でも危なっかしい人もいます。現実の違いは給料だけですから・・・(ToT)
 技術と知識は車の両輪のような関係だと私は思っています。なので前回書いたように、資格制度についても議論し見直さなければならない部分もあると思うのです。
 とりあえずは全体的な底上げでしょうかね~・・・。
厚生省仕事せい! は同感です!!
 PS 滝もいいですが行くヒマカネのない私はスポーツマッサージ延長~~です! Pochi!
2006/08/31(Thu) 02:17 | URL  | るみにゃんママ #-[ 編集]
ぺペロンチーノさんへ
はじめまして!
そして、ようこそ♪(⌒-⌒)

自然に触れるっていうのは、最高ですよ~♪
マイナスイオンをいっぱい浴びて、心も身体もリフレッシュできます♪是非、お勧めです。

あ・・・言い忘れましたが、コメントありがとうございます!!!

看護婦さんの知識面に関しては、おっしゃる通りかもしれませんね~。
ですが、看護婦さんの実技の経験面に関しては医者を遙かに凌ぐことが多いです。
そして・・・
医療現場では、知識よりも経験がモノをいうことが非常に多いと感じます。
なかなか看護婦さんは侮れませんよ!?笑
ただ、ぺペロンチーノさんの言う通り、知識面に関しては弱いことが多いですね~。

>医者ができる限り、すべての手技を医者が行ったほうがいい!?

ということですが・・・
全くそのとおり!!!
というか、そうしたい!です。

たぶん、担当患者さんが5~7人位だったら採血から何から何までスベテ担当医の私ができるでしょう。
ということは・・・
医師の給料を1/3にして医者の数を3倍に増やして欲しいです!!!そうしたら可能ですね♪

医者が余っている。医師数過剰の時代は近い。」といった厚生省や医師会のお偉いさんは、会見でも開いて国民の皆さんに謝って欲しいもんですね・・・苦笑

ウチのブログは、(私もそうですが)好き勝手に思ったことを好きなように主張するブログです。
これからも気軽につぶやきに来て下さいね♪
2006/08/31(Thu) 18:17 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
るみにゃんママさんへ
正看護婦と准看護婦さんの話ですね~。

私の正直な感想なのですが・・・
全く違いがありません!

看護婦さんの仕事は、(私にとっては)経験がとても大切だと感じています。
必要最小限の知識」と「スキル・経験」が大事!
で、能力に差がでるのは後者の方ですよね~

だから、ある程度経験を積んだ準看護婦さんと正看護婦さんに全く能力の差は感じません。

準看護婦さんを勤務歴5年で無条件に正看護婦にしても良いと思います!!!
5年目以降は、給料に差はなし♪

るみにゃんママさんはどう思いますか!?

より近い立場から一言お願いしま~す♪
2006/08/31(Thu) 18:32 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
更新制度でステップアップ
 例えば・・・ピアノ講師は電子オルガン講師にはなれません・・・その逆もしかり・・・。しかし、両方できる方もいます。
 ナースも長年勤務した科の知識やスキルは維持、向上してもその他の科の知識やスキルは・・・? とう方も見かけます。
 ですから、全てのナースが若葉マークは准看護師、そして、あまのじゃくさまのおっしゃるとおり、5年以上同一科で勤務すれば一定の条件(試験)を経て、正看護師に昇格する制度があってもいいのではないかと思います。逆に、10年勤務してもその試験にパスできなければ昇格できないということになります。
 実質、業務には差異はありませんし、知識やスキルは正だろうが准だろうが個人の問題になってきますから。ある意味、更新制度のようなものですが、ここでふるいにかければ適職ではない人たちがバーンアウトと騒ぎ立てることも低減させることができるのではないかとも思います。
 厚労省じゃないですが、看護教育のカリキュラムを臨床経験の乏しい学者や化石が作ったりしてますから・・・。せめて臨床現場に出ても研鑽を積み重ねることを惜しまない人間教育を看護学生の間にしてほしいものです。前回も申し上げたように知識とスキルは車の両輪のようなものですから、知識をスキルとして活かすためにはどちらがかけても成り立ちませんし、なにより自己努力が不可欠! ですから、自己努力を惜しまない「人を育てる」教育と厳しいですが、ダメなら看護学生の間にふるい落とすことも必要ではないかと思います。
 皆様のご意見もお聞かせください。
長くなってごめんなさい・・・<m(__)m>
2006/09/01(Fri) 10:44 | URL  | るみにゃんママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。