上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ~!

今日の話は、今世間を騒がせている

産科の無資格助産問題

についてです。
今年は、産婦人科の厄年でしょうかね~!?( ̄人 ̄)

まぁ、今回も私の独断と偏見100%で書かせてもらいます!
つづき↓
まず、添付しますね。

無資格助産で産科病院捜索 看護師が「内診」の疑い 年間出産約3000人、日本有数

 年間出産数が約3000人と日本有数の産科婦人科「堀病院」(横浜市瀬谷区、堀健一院長)で2003年12月、医師か助産師しか認められていない出産時の「内診」を看護師に行わせていた疑いが強まり、神奈川県警生活経済課は24日、保健師助産師看護師法違反の疑いで同病院などを家宅捜索し、堀院長ら関係者から事情を聴いた。

 調べでは、堀病院は03年12月29日、出産で入院していた女性(37)の内診を、看護師や准看護師にさせていた疑い。

 関係者によると、女性は同日入院。分娩室に移動するまで数回にわたり、看護師や准看護師が子宮口の開き具合を確認するなどの内診をしていたとみられる。

 女児を出産後、出血量が多く止血できなくなり、神奈川県内の別の病院に転院。子宮摘出手術を受けたが手術中に心停止し、蘇生(そせい)したものの多臓器不全のため04年2月に亡くなった。

 看護師による内診の是非をめぐっては「一定条件下で可能」(日本医師会など)として容認を求める意見もあり、議論が続いているが、厚労省看護課は「今すぐに見直すつもりはない」としている。

助産行為 「法律には限界ある」堀病院長が開き直り

「法律に基づいてやるには限界がある」。保健師助産師看護師法違反容疑で神奈川県警に家宅捜索された堀病院の堀健一院長(78)は、同県警の調べに、看護師らに助産行為をさせていたことを開き直って認めた。公然と反旗を翻した格好だ。

 堀院長は看護師による助産の危険性について「分娩(ぶんべん)に入るまでを看護師にさせていたのであって、お産の取り上げは医者がやっていた。看護師が内診をしてもお産の安全性に影響はない」と主張。さらに「ウチだけが特殊なのではない。ほとんどの病院でもやっている。この機会に法律を見直さないと立ちゆかなくなる」と持論を展開した。

84~05年、助産師ではなく、看護師や准看護師らが助産行為を行い、胎児や母親が死亡するなどの医療ミスが、全国で少なくとも14件発生しているという。
 しかし、産婦人科医の間では、一部の診療所などで、看護師が医師の指示を受けて助産行為を行っていることは、公然の事実。

厚労省看護課は「助産行為は特別な技能と専門知識が必要で、医師の指示下でも助産師以外はできない。安全で安心なお産を実現するため、医療機関側は適当な人数を確保して運営してほしい」と話している。


はい・・・
今後もさらに荒れてきそうな話ですね~。

まぁ、長々と記事を添付しましたがその中身は、

堀病院-看護師の助産行為に問題はない。ほかの病院でもしている。
厚労省看護課-助産行為は特別な技能と専門知識が必要で助産師以外はできない。今すぐに見直すつもりはない。

ということですね。
内容をピックアップしてみましたが、それ以前に記事の書き方で気になった点があります。それは、
マスコミも世間受けを狙って、堀病院を叩くような書き方をしてないか???ということです。
完全に、悪役扱いですね・・・。苦笑
まぁ、マスコミの書くこと全部を信じないようにしましょう♪

私に云わせれば、この論争の決着は簡単につきますね。
(年間3000件も出産数のある)堀病院の過去5年分位の医療事故・医療ミスの頻度と、全国の産婦人科病院の医療事故発生頻度と比較してみたらいいのです。

有意差がみられなければ、堀病院の主張が正しい。
(看護師の助産行為に問題はない)
有意差が認められれば、厚労省看護課の主張が正しい。
(助産行為は特別な技能と専門知識が必要で助産師以外はできない)

これで、良いのではないでしょうか???

厚生省の決めたルールを破ったから悪い!なんてつまらないことを言っても仕方ないですよ~
(またいずれ紹介しますが、病院内には「医者にしかできない行為」はたくさん有ります。しかし、実際は看護婦さんがしていて、看護婦さんの方が上手な場合が多いです。注射や採血も看護婦さんの方が上手ですよ!?)

ただ、こういう手技的な問題でよく医療の中の「棲(す)み分け」論争が起こります。たぶん、看護師の助産行為が認められたら助産師の生き残り(存在意義?)に関わってくるでしょう。
ですから、厚生省としても意地でも看護師の助産行為を認める訳にはいかないと思います。

僕の推理ですが、たぶん・・・
厚生省は、医療事故の発生頻度比較をやらないでしょう。
有意差がみられなかったら困るから!!!
(↑医療の世界ってホントにこれでいいのかな・・・。)

これらの大前提をふまえた上で、今後の展開を見守りましょう♪少し興味を持ってもらえましたか?(^-^*)/


もし、現役産婦人科の方がおられたら生の意見を聞かせて欲しいです!!!


↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
まず、添付しますね。

無資格助産で産科病院捜索 看護師が「内診」の疑い 年間出産約3000人、日本有数

 年間出産数が約3000人と日本有数の産科婦人科「堀病院」(横浜市瀬谷区、堀健一院長)で2003年12月、医師か助産師しか認められていない出産時の「内診」を看護師に行わせていた疑いが強まり、神奈川県警生活経済課は24日、保健師助産師看護師法違反の疑いで同病院などを家宅捜索し、堀院長ら関係者から事情を聴いた。

 調べでは、堀病院は03年12月29日、出産で入院していた女性(37)の内診を、看護師や准看護師にさせていた疑い。

 関係者によると、女性は同日入院。分娩室に移動するまで数回にわたり、看護師や准看護師が子宮口の開き具合を確認するなどの内診をしていたとみられる。

 女児を出産後、出血量が多く止血できなくなり、神奈川県内の別の病院に転院。子宮摘出手術を受けたが手術中に心停止し、蘇生(そせい)したものの多臓器不全のため04年2月に亡くなった。

 看護師による内診の是非をめぐっては「一定条件下で可能」(日本医師会など)として容認を求める意見もあり、議論が続いているが、厚労省看護課は「今すぐに見直すつもりはない」としている。

助産行為 「法律には限界ある」堀病院長が開き直り

「法律に基づいてやるには限界がある」。保健師助産師看護師法違反容疑で神奈川県警に家宅捜索された堀病院の堀健一院長(78)は、同県警の調べに、看護師らに助産行為をさせていたことを開き直って認めた。公然と反旗を翻した格好だ。

 堀院長は看護師による助産の危険性について「分娩(ぶんべん)に入るまでを看護師にさせていたのであって、お産の取り上げは医者がやっていた。看護師が内診をしてもお産の安全性に影響はない」と主張。さらに「ウチだけが特殊なのではない。ほとんどの病院でもやっている。この機会に法律を見直さないと立ちゆかなくなる」と持論を展開した。

84~05年、助産師ではなく、看護師や准看護師らが助産行為を行い、胎児や母親が死亡するなどの医療ミスが、全国で少なくとも14件発生しているという。
 しかし、産婦人科医の間では、一部の診療所などで、看護師が医師の指示を受けて助産行為を行っていることは、公然の事実。

厚労省看護課は「助産行為は特別な技能と専門知識が必要で、医師の指示下でも助産師以外はできない。安全で安心なお産を実現するため、医療機関側は適当な人数を確保して運営してほしい」と話している。


はい・・・
今後もさらに荒れてきそうな話ですね~。

まぁ、長々と記事を添付しましたがその中身は、

堀病院-看護師の助産行為に問題はない。ほかの病院でもしている。
厚労省看護課-助産行為は特別な技能と専門知識が必要で助産師以外はできない。今すぐに見直すつもりはない。

ということですね。
内容をピックアップしてみましたが、それ以前に記事の書き方で気になった点があります。それは、
マスコミも世間受けを狙って、堀病院を叩くような書き方をしてないか???ということです。
完全に、悪役扱いですね・・・。苦笑
まぁ、マスコミの書くこと全部を信じないようにしましょう♪

私に云わせれば、この論争の決着は簡単につきますね。
(年間3000件も出産数のある)堀病院の過去5年分位の医療事故・医療ミスの頻度と、全国の産婦人科病院の医療事故発生頻度と比較してみたらいいのです。

有意差がみられなければ、堀病院の主張が正しい。
(看護師の助産行為に問題はない)
有意差が認められれば、厚労省看護課の主張が正しい。
(助産行為は特別な技能と専門知識が必要で助産師以外はできない)

これで、良いのではないでしょうか???

厚生省の決めたルールを破ったから悪い!なんてつまらないことを言っても仕方ないですよ~
(またいずれ紹介しますが、病院内には「医者にしかできない行為」はたくさん有ります。しかし、実際は看護婦さんがしていて、看護婦さんの方が上手な場合が多いです。注射や採血も看護婦さんの方が上手ですよ!?)

ただ、こういう手技的な問題でよく医療の中の「棲(す)み分け」論争が起こります。たぶん、看護師の助産行為が認められたら助産師の生き残り(存在意義?)に関わってくるでしょう。
ですから、厚生省としても意地でも看護師の助産行為を認める訳にはいかないと思います。

僕の推理ですが、たぶん・・・
厚生省は、医療事故の発生頻度比較をやらないでしょう。
有意差がみられなかったら困るから!!!
(↑医療の世界ってホントにこれでいいのかな・・・。)

これらの大前提をふまえた上で、今後の展開を見守りましょう♪少し興味を持ってもらえましたか?(^-^*)/


もし、現役産婦人科の方がおられたら生の意見を聞かせて欲しいです!!!


↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ニュース・社会 - ジャンル:ニュース

【2006/08/25 17:55】 | 医療ニュース! トラックバック(0) |

まず現状と問題点から目をそらさずに
るみにゃんママ
 なんだか駐車違反的な感じが否めない感じがします・・・。
 先日、美容院へ行ったのですが美容師も同様の問題を抱えているようです。
 結局、患者さんやユーザーにとってありがたいのは高度な技術であって、資格ではないのですから。
 資格制度自体の問題も含めて考えなければならないと思います。 
議論は続くでしょうから私ももう少し考えていみたいと思います。
 蛇足ですが、健診現場の採血では、もらしたり1度でも外したりすればクレームです・・・(T_T)

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


るみにゃんママさんへ
あまのじゃく
うんうん!
私も資格制度自体を考え直して欲しいと思います。
実力に全く関係なくもらえる資格やお金を払えばもらえる資格・・・しかも、現場で働いていないような隠居医者たちが試験を作り資格を与える「専門医」とか・・・。
 また、その「専門医」という言葉で疑いもせずに名医と信じる患者たち・・・(←ひどい言い方ですが、これも自己責任だと思います。)

 今回のケースだと、現場で働かない厚生省看護課にどうして、助産行為を許可する資格があるの???と思います。
 まぁ、どっちにしても行方を見守るしかないですけどね♪

 いつも、自己損益のことばかり考える厚生省や医師会に振り回されないようにしたいですね!!!


追伸)採血こそ看護師さんの一番大切なスキルだと考えます。私も知識や経験よりもこのスキルで看護師さんを判断します患者さんにとっては、私以上に採血を重要な技能だと考えているハズです。
「1度でも外したりすればクレーム」となる厳しい現場・・・これこそ、胸を張って人に言えるような職場ですよ~♪最低でも、私はそう思います!!!
つまり・・・↓
ノーミスで頑張って~!笑


伽羅
難しい問題ですけど・・・
新卒の助産師と産科経験の長い看護師と、どちらが的確な判断ができるか?
になってきますよね。

私も産婦人科で15年ほど勤務していた時期がありますので、ここでは支障がありあまり詳しい事は避けたいですが・・・

また、時機を見てお話に伺います。

追伸:「癌のテーマ」にコメント残しましたが、ずいぶん遅くなったので読んで頂けたかしら?と一抹の不安を抱えています。
暑さも幾分和らいだようですが、このまま涼しくなると思うのは無理でしょうね。

そうですね
Dr. I
はっきり言って。
教科書で2,3年助産婦の勉強した人より、何十年も実践を経験している人の方が、できるに決まっていますからね。

法律じゃなくて、厚生労働省の通達ってところがみそですね。
裁判すりゃ良いんですよ。

伽羅さんへ
あまのじゃく
産婦人科で15年も勤務してたのですか!?
それは、スゴイ!
今回の「無資格助産問題」も関心が高かったでしょうね!!!

ちなみに、私のブログは好きなようにコメントして頂いて構いませんよ~!匿名で発言できるメリットを生かして自分の思った通りのことを主張できますし♪
(事件性がなければIPアドレスから個人情報を調査されることはありません。法律で守られてます。)
また、コメントの内容から結果的にブログが荒れて閉鎖することになっても私は構いません!!!
(だから、靖国問題だって好きなように書きました♪)

コメントは、好きなように自己主張をしてかえって下さいね♪
支障?=遠慮じゃなかったらいいですけど♪


あと、ひとつ!
申し訳ありません!
「癌の告知」のコメントを見逃してました!

「インフォームドコンセント」の出来ていない医者が多いということですね・・・。
これは、私にとっても耳の痛い話です。
特に、理解力の乏しい高齢の家族しかいない場合に・・・。
今、医者の勤務は時間との戦いになっています。
(ちなみに、私は入院患者15~20人程担当しています。この上外来を週三回していたら、どうしても1人あたりに費やせる時間の限界があります。対策に関しても自分なりに考えていますが、またいずれその内容に触れると思います。)
まぁ、医者本位の言い訳ですけどね・・・苦笑

Dr. I さんへ
あまのじゃく
たまに私も「健康、病気なし、医者いらず」にお邪魔させて頂いてますよ!
基本的に筆無精な方なのでコメントをさせて頂いたことはないのですが・・・

私がみてきた医療ブログの中で数少ない「いいブログだな~」と思ったブログです。
ウチと違ってブログに歴史もあるし・・・
だから、これからも勝手にお邪魔させて頂きます!笑

まぁ、コメントをあまりしないお詫びに、ポチっとして帰りますのでそれで許して下さい!笑

追伸)医療の中の問題点を、もっともっと多くの人に紹介して、その多くの人の力をかりて問題点をなくしていけたら最高ですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
まず現状と問題点から目をそらさずに
 なんだか駐車違反的な感じが否めない感じがします・・・。
 先日、美容院へ行ったのですが美容師も同様の問題を抱えているようです。
 結局、患者さんやユーザーにとってありがたいのは高度な技術であって、資格ではないのですから。
 資格制度自体の問題も含めて考えなければならないと思います。 
議論は続くでしょうから私ももう少し考えていみたいと思います。
 蛇足ですが、健診現場の採血では、もらしたり1度でも外したりすればクレームです・・・(T_T)
2006/08/26(Sat) 01:01 | URL  | るみにゃんママ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/26(Sat) 11:20 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/27(Sun) 21:45 |   |  #[ 編集]
るみにゃんママさんへ
うんうん!
私も資格制度自体を考え直して欲しいと思います。
実力に全く関係なくもらえる資格やお金を払えばもらえる資格・・・しかも、現場で働いていないような隠居医者たちが試験を作り資格を与える「専門医」とか・・・。
 また、その「専門医」という言葉で疑いもせずに名医と信じる患者たち・・・(←ひどい言い方ですが、これも自己責任だと思います。)

 今回のケースだと、現場で働かない厚生省看護課にどうして、助産行為を許可する資格があるの???と思います。
 まぁ、どっちにしても行方を見守るしかないですけどね♪

 いつも、自己損益のことばかり考える厚生省や医師会に振り回されないようにしたいですね!!!


追伸)採血こそ看護師さんの一番大切なスキルだと考えます。私も知識や経験よりもこのスキルで看護師さんを判断します患者さんにとっては、私以上に採血を重要な技能だと考えているハズです。
「1度でも外したりすればクレーム」となる厳しい現場・・・これこそ、胸を張って人に言えるような職場ですよ~♪最低でも、私はそう思います!!!
つまり・・・↓
ノーミスで頑張って~!笑
2006/08/27(Sun) 23:12 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
難しい問題ですけど・・・
新卒の助産師と産科経験の長い看護師と、どちらが的確な判断ができるか?
になってきますよね。

私も産婦人科で15年ほど勤務していた時期がありますので、ここでは支障がありあまり詳しい事は避けたいですが・・・

また、時機を見てお話に伺います。

追伸:「癌のテーマ」にコメント残しましたが、ずいぶん遅くなったので読んで頂けたかしら?と一抹の不安を抱えています。
暑さも幾分和らいだようですが、このまま涼しくなると思うのは無理でしょうね。
2006/08/28(Mon) 11:54 | URL  | 伽羅 #ZhMoB7OE[ 編集]
そうですね
はっきり言って。
教科書で2,3年助産婦の勉強した人より、何十年も実践を経験している人の方が、できるに決まっていますからね。

法律じゃなくて、厚生労働省の通達ってところがみそですね。
裁判すりゃ良いんですよ。
2006/08/29(Tue) 01:06 | URL  | Dr. I #sSHoJftA[ 編集]
伽羅さんへ
産婦人科で15年も勤務してたのですか!?
それは、スゴイ!
今回の「無資格助産問題」も関心が高かったでしょうね!!!

ちなみに、私のブログは好きなようにコメントして頂いて構いませんよ~!匿名で発言できるメリットを生かして自分の思った通りのことを主張できますし♪
(事件性がなければIPアドレスから個人情報を調査されることはありません。法律で守られてます。)
また、コメントの内容から結果的にブログが荒れて閉鎖することになっても私は構いません!!!
(だから、靖国問題だって好きなように書きました♪)

コメントは、好きなように自己主張をしてかえって下さいね♪
支障?=遠慮じゃなかったらいいですけど♪


あと、ひとつ!
申し訳ありません!
「癌の告知」のコメントを見逃してました!

「インフォームドコンセント」の出来ていない医者が多いということですね・・・。
これは、私にとっても耳の痛い話です。
特に、理解力の乏しい高齢の家族しかいない場合に・・・。
今、医者の勤務は時間との戦いになっています。
(ちなみに、私は入院患者15~20人程担当しています。この上外来を週三回していたら、どうしても1人あたりに費やせる時間の限界があります。対策に関しても自分なりに考えていますが、またいずれその内容に触れると思います。)
まぁ、医者本位の言い訳ですけどね・・・苦笑
2006/08/29(Tue) 11:11 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
Dr. I さんへ
たまに私も「健康、病気なし、医者いらず」にお邪魔させて頂いてますよ!
基本的に筆無精な方なのでコメントをさせて頂いたことはないのですが・・・

私がみてきた医療ブログの中で数少ない「いいブログだな~」と思ったブログです。
ウチと違ってブログに歴史もあるし・・・
だから、これからも勝手にお邪魔させて頂きます!笑

まぁ、コメントをあまりしないお詫びに、ポチっとして帰りますのでそれで許して下さい!笑

追伸)医療の中の問題点を、もっともっと多くの人に紹介して、その多くの人の力をかりて問題点をなくしていけたら最高ですね。
2006/08/29(Tue) 11:26 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。