上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読売ニュースで「少子化」についての記事がありました。

今日は、

少子化の大甘予測

についてです。
つづき↓
まず、記事を添付します↓

政府が原則5年に1度公表する、日本の将来推計人口の見直し作業が本格化している。公的年金など社会保障制度を設計する上で基礎となる重要なデータだが、過去の推計では少子化の見通しが常に甘過ぎ、結果的に制度改革が後手に回る大きな原因になってきた。年内に公表予定の新推計は、どんな内容になるのだろうか。

ということです。
さらに↓

国立社会保障・人口問題研究所(社人研)は2002年1月の前回推計で、合計特殊出生率(1人の女性が15~49歳の間に産む子供数の平均)が1・31で下げ止まり、将来は1・39に回復すると予測した。だが、現実の出生率は05年に1・25まで落ち込み、総人口の減少が予想より2年早く始まった。

過去の大甘な出生率予測は、公的年金の財政に大きな悪影響を及ぼした。


と書かれています。

おい!社人研!!

間違えましたではすみません。
「間違えました。」で済むのなら医療訴訟もおこりません!苦笑

だいたい、ここ数年間のどこに出生率低下が下げ止まる要素があったのでしょうか?未婚率も増え続けているというのに・・・。

まず・・・
私は、年金に全く期待しておりません。お金をゴミ箱に捨てるような気持ちで国民義務年金を支払っています。
それに、数少ない子供たちに(数が多い)私たちの年金を強要するのは、あまりにも気の毒です。

現在の少子化は、かなり深刻だと考えます。
老人ばかりが増え、子供が減り、子供たちの両肩に大きな負担をかける今後の日本経済・・・

私は、今後数十年の日本経済に明るい見通しを持っていません。
ですから、持っているお金は半分以上外貨や外貨預金にしています。(←ホントです)

病院選び」と同じように
自分の身は自分で守らねば・・・
自分の老後は、自分で守らなければ!と思っています。

でないと、30~40年後に・・・
「国が私たちの面倒をみてくれない・・・。」
「国が悪い。国のせいだ!」
という格好悪いセリフを吐いているかも知れません。

今の日本の政治をみている限りは、
まだ少子化に対する危機感が薄いと思います。
正直、あまり政治家に期待していません。
イヤでも10年後には気付くでしょうけど・・・

まぁ・・・お互い様ですが、
皆さんも自分自身の老後は自分で守りましょうね~!



(おまけ)
医療人である私の考える「少子化対策」です。
①産科(子供を産む)費用も保険適応にする。
②子供(15歳まで)の医療費は無料にする。
③こども1人につき 1~2万円/月 支給する。


いかがですか!?謎

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします!↓
20060703125039.gif

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
まず、記事を添付します↓

政府が原則5年に1度公表する、日本の将来推計人口の見直し作業が本格化している。公的年金など社会保障制度を設計する上で基礎となる重要なデータだが、過去の推計では少子化の見通しが常に甘過ぎ、結果的に制度改革が後手に回る大きな原因になってきた。年内に公表予定の新推計は、どんな内容になるのだろうか。

ということです。
さらに↓

国立社会保障・人口問題研究所(社人研)は2002年1月の前回推計で、合計特殊出生率(1人の女性が15~49歳の間に産む子供数の平均)が1・31で下げ止まり、将来は1・39に回復すると予測した。だが、現実の出生率は05年に1・25まで落ち込み、総人口の減少が予想より2年早く始まった。

過去の大甘な出生率予測は、公的年金の財政に大きな悪影響を及ぼした。


と書かれています。

おい!社人研!!

間違えましたではすみません。
「間違えました。」で済むのなら医療訴訟もおこりません!苦笑

だいたい、ここ数年間のどこに出生率低下が下げ止まる要素があったのでしょうか?未婚率も増え続けているというのに・・・。

まず・・・
私は、年金に全く期待しておりません。お金をゴミ箱に捨てるような気持ちで国民義務年金を支払っています。
それに、数少ない子供たちに(数が多い)私たちの年金を強要するのは、あまりにも気の毒です。

現在の少子化は、かなり深刻だと考えます。
老人ばかりが増え、子供が減り、子供たちの両肩に大きな負担をかける今後の日本経済・・・

私は、今後数十年の日本経済に明るい見通しを持っていません。
ですから、持っているお金は半分以上外貨や外貨預金にしています。(←ホントです)

病院選び」と同じように
自分の身は自分で守らねば・・・
自分の老後は、自分で守らなければ!と思っています。

でないと、30~40年後に・・・
「国が私たちの面倒をみてくれない・・・。」
「国が悪い。国のせいだ!」
という格好悪いセリフを吐いているかも知れません。

今の日本の政治をみている限りは、
まだ少子化に対する危機感が薄いと思います。
正直、あまり政治家に期待していません。
イヤでも10年後には気付くでしょうけど・・・

まぁ・・・お互い様ですが、
皆さんも自分自身の老後は自分で守りましょうね~!



(おまけ)
医療人である私の考える「少子化対策」です。
①産科(子供を産む)費用も保険適応にする。
②子供(15歳まで)の医療費は無料にする。
③こども1人につき 1~2万円/月 支給する。


いかがですか!?謎

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします!↓
20060703125039.gif

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース

【2006/08/08 14:46】 | 医療ニュース! トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


賛成です!
さとゆみ
あまのじゃくさんの少子化対策、
大賛成です!

子供を産み、育てるということにどれだけお金がかかるか・・・しみじみ。

国はもっと子供を産みたいと思える社会に変えていくべきだと思います。

私と同じ年の友達もまだ独身は多いです。
(30半ばにしてまだ独身です)
結婚意識の問題も少子化につながっているんでしょうね・・・。


管理人のみ閲覧できます
-



はなです。
 こんにちは!

あまのじゃく さんのおっしゃるとおりです。
国には沢山の問題が山積みです。

少子高齢化・終身雇用制の崩壊・年金制度・不安定な社会情勢 等など・・・お先真っ暗です。
その時のために、自分の身(健康・経済)は自分で守る。を、実践中です。
ネットワークビジネスで先の年金に代わるものは、おおかた見通しが立ちました。
それと合わせて、健康体も確保できています。

よかったら覗いてください。

さとゆみさん、はなさんへ
あまのじゃく
コメント有り難うございます。

お互いに、安心できる将来を守りたいですね♪

また、ブログにもお邪魔させてもらいますね♪

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/08(Tue) 21:03 |   |  #[ 編集]
賛成です!
あまのじゃくさんの少子化対策、
大賛成です!

子供を産み、育てるということにどれだけお金がかかるか・・・しみじみ。

国はもっと子供を産みたいと思える社会に変えていくべきだと思います。

私と同じ年の友達もまだ独身は多いです。
(30半ばにしてまだ独身です)
結婚意識の問題も少子化につながっているんでしょうね・・・。
2006/08/08(Tue) 21:58 | URL  | さとゆみ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/09(Wed) 12:04 |   |  #[ 編集]
 こんにちは!

あまのじゃく さんのおっしゃるとおりです。
国には沢山の問題が山積みです。

少子高齢化・終身雇用制の崩壊・年金制度・不安定な社会情勢 等など・・・お先真っ暗です。
その時のために、自分の身(健康・経済)は自分で守る。を、実践中です。
ネットワークビジネスで先の年金に代わるものは、おおかた見通しが立ちました。
それと合わせて、健康体も確保できています。

よかったら覗いてください。
2006/08/09(Wed) 12:42 | URL  | はなです。 #-[ 編集]
さとゆみさん、はなさんへ
コメント有り難うございます。

お互いに、安心できる将来を守りたいですね♪

また、ブログにもお邪魔させてもらいますね♪
2006/08/09(Wed) 16:14 | URL  | あまのじゃく #P0vgGwAM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/09(Wed) 19:00 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。