上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、訳あって身近な病気「糖尿病」に関して紹介したいと思います。

できるだけ医学用語を使わないで説明するつもりなのですが、わかりにくかったらごめんなさい!!!(*_ _)人
(小学生の低学年で理解できる内容を目指したいと思っています。)

何かと皆さんからの誤解の多い病気「糖尿病」!全く関係ないと思っている人でも知っていて損はないですよ~!貴方の近くにも1~2人くらい糖尿病の人がいると思いますよ♪

では、始まります↓

P6260007.jpg

<初めに>
「糖尿病」といっても実は大きく2種類とその他に分けられます。その中で大半を占めるものについて説明しようと思います。(世間でいわれる「糖尿病」であり、正式には「2型糖尿病」といいます。糖尿病の約95%の人が、この種類に含まれます。)


まず、糖尿病とは?
・・・
オシッコに糖が混ざることではありません。
尿に糖分が混じっていても糖尿病ではない人がいます。
逆に、尿検査で尿糖が出なくても糖尿病の人がいます。

糖尿病とは・・・

血液中の血糖値が高く

なってしまう病気です!


少し、言い換えれば・・・

血液内の糖分をエネルギーに変えるのが

下手になってしまう病気です!


そもそも「糖質」とは、「タンパク質」「脂質(コレステロール)」と並び、三大栄養素のひとつとして挙げられます。
つまり、大切なエネルギー源として血液内に取り込まれます
しかし、その糖分をエネルギーとして使うことができなかったら・・・
血液中に高血糖として貯まってしまいます。そして、余り溢れた糖分はオシッコとして身体の外へ排出されます。これが糖尿病の本質です。

次に、糖尿病の症状に関して紹介したいのですが、糖尿病の症状は非常に多く、全部紹介していったらキリがありません。それよりも重要な糖尿病の「三大合併症」と呼ばれるものを紹介したいと思います。

糖尿病網膜症」・・・眼の病気です。日本人で失明する人の半数以上がこの病気によるものです。定期的に眼科に通院することで失明を未然にふせげます!

糖尿病性腎症」・・・治療による血糖コントロールができていないと徐々に腎臓障害をきたします。進行していくと、いずれ人工透析(じんこうとうせき)をしなければならなくなります。

末梢神経障害」・・・足の裏や手のひらの感覚が鈍くなります。「裸足なのに靴下を履いているようだ」と表現する人も多いです。

その他・・・足先の血のめぐりが悪くなり「壊疽(えそ)」といって足が腐る人もいます。足が腐れば、切断しなければなりません。とてもかわいそうな状態になります。


私たち医療者にとって「糖尿病」は自覚症状に乏しいためタチが悪い病気のひとつです。

痛くもなければ痒(かゆ)くもない!

そのため、糖尿病を放置する人が後をたちません・・・。

今日のブログを読んでくれた皆さんなら、もしも、糖尿病と診断されることがあっても絶対に放置しませんよね!?

もし・・・貴方の周りに、糖尿病と知っているのに病院に通院していない人をみつけたら・・・

こっぴどく叱って下さい!

本当にお願いします!!!
そうして頂ければ、私も頑張って説明した甲斐があるというもんです♪


さて・・・糖尿病の紹介は、一日で終わらせるぞ~!!!

今まで糖尿病の人を脅かすようなことばかり書いてしまいましたが、ちゃんと(手遅れになる前に)治療して血糖コントロールを行えば、上に書いたような合併症の心配はほとんどいりません。
そして、糖尿病という病気は医学の中でも数少ない「生活改善により完治し可る病気」という特徴をもっています。食事・運動療法のみで治せる人も少なくありません。

(この部分は、実際に糖尿病の人だけ読んで下さい。)
食餌療法で、よく誤解されることがあるのですが、(糖尿病でない成人にとっても同じですが)糖尿病の人に相応しい食事は、糖:蛋白:脂肪=60:15:25の配分が理想とされています。決して、必要以上に糖摂取を押さえた食事ではありません。糖分も大切な栄養素のひとつです。筋肉の栄養となりますし、なによりも脳の栄養であり、他の栄養素では代用できません。必要以上に糖分制限をおこなうと、身体がだるく(←低血糖症状)力が入りにくく(←筋肉の栄養不足)頭がまわりません(←脳の栄養不足)。仕事の効率がおちてしまいます(しんどいのに頑張って仕事をして効率があがらないのでは割にありません・・・)。内服薬を服用している方ならなおさらです。(その他、特に低血糖発作には気をつけましょう!)                       (ここまで)


ちなみに、代表的は自覚症状は、多飲・多尿(よくオシッコに行く、飲んでも飲んでも喉が渇く)です。
糖尿病になりやすい典型的な人は、家族に糖尿病の人がいて40歳を過ぎてきて運動不足食生活が乱れて肥満気味ストレスの貯まる中間管理職の人です。

いくつか項目が当てはまる方は、一度、健康診断してみては如何?


(おまけ)
→実際に糖尿病の治療をがんばっている人のプログはこちら←

↓納得できる内容だった日にはクリックお願いします!↓
20060703125039.gif


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
<初めに>
「糖尿病」といっても実は大きく2種類とその他に分けられます。その中で大半を占めるものについて説明しようと思います。(世間でいわれる「糖尿病」であり、正式には「2型糖尿病」といいます。糖尿病の約95%の人が、この種類に含まれます。)


まず、糖尿病とは?
・・・
オシッコに糖が混ざることではありません。
尿に糖分が混じっていても糖尿病ではない人がいます。
逆に、尿検査で尿糖が出なくても糖尿病の人がいます。

糖尿病とは・・・

血液中の血糖値が高く

なってしまう病気です!


少し、言い換えれば・・・

血液内の糖分をエネルギーに変えるのが

下手になってしまう病気です!


そもそも「糖質」とは、「タンパク質」「脂質(コレステロール)」と並び、三大栄養素のひとつとして挙げられます。
つまり、大切なエネルギー源として血液内に取り込まれます
しかし、その糖分をエネルギーとして使うことができなかったら・・・
血液中に高血糖として貯まってしまいます。そして、余り溢れた糖分はオシッコとして身体の外へ排出されます。これが糖尿病の本質です。

次に、糖尿病の症状に関して紹介したいのですが、糖尿病の症状は非常に多く、全部紹介していったらキリがありません。それよりも重要な糖尿病の「三大合併症」と呼ばれるものを紹介したいと思います。

糖尿病網膜症」・・・眼の病気です。日本人で失明する人の半数以上がこの病気によるものです。定期的に眼科に通院することで失明を未然にふせげます!

糖尿病性腎症」・・・治療による血糖コントロールができていないと徐々に腎臓障害をきたします。進行していくと、いずれ人工透析(じんこうとうせき)をしなければならなくなります。

末梢神経障害」・・・足の裏や手のひらの感覚が鈍くなります。「裸足なのに靴下を履いているようだ」と表現する人も多いです。

その他・・・足先の血のめぐりが悪くなり「壊疽(えそ)」といって足が腐る人もいます。足が腐れば、切断しなければなりません。とてもかわいそうな状態になります。


私たち医療者にとって「糖尿病」は自覚症状に乏しいためタチが悪い病気のひとつです。

痛くもなければ痒(かゆ)くもない!

そのため、糖尿病を放置する人が後をたちません・・・。

今日のブログを読んでくれた皆さんなら、もしも、糖尿病と診断されることがあっても絶対に放置しませんよね!?

もし・・・貴方の周りに、糖尿病と知っているのに病院に通院していない人をみつけたら・・・

こっぴどく叱って下さい!

本当にお願いします!!!
そうして頂ければ、私も頑張って説明した甲斐があるというもんです♪


さて・・・糖尿病の紹介は、一日で終わらせるぞ~!!!

今まで糖尿病の人を脅かすようなことばかり書いてしまいましたが、ちゃんと(手遅れになる前に)治療して血糖コントロールを行えば、上に書いたような合併症の心配はほとんどいりません。
そして、糖尿病という病気は医学の中でも数少ない「生活改善により完治し可る病気」という特徴をもっています。食事・運動療法のみで治せる人も少なくありません。

(この部分は、実際に糖尿病の人だけ読んで下さい。)
食餌療法で、よく誤解されることがあるのですが、(糖尿病でない成人にとっても同じですが)糖尿病の人に相応しい食事は、糖:蛋白:脂肪=60:15:25の配分が理想とされています。決して、必要以上に糖摂取を押さえた食事ではありません。糖分も大切な栄養素のひとつです。筋肉の栄養となりますし、なによりも脳の栄養であり、他の栄養素では代用できません。必要以上に糖分制限をおこなうと、身体がだるく(←低血糖症状)力が入りにくく(←筋肉の栄養不足)頭がまわりません(←脳の栄養不足)。仕事の効率がおちてしまいます(しんどいのに頑張って仕事をして効率があがらないのでは割にありません・・・)。内服薬を服用している方ならなおさらです。(その他、特に低血糖発作には気をつけましょう!)                       (ここまで)


ちなみに、代表的は自覚症状は、多飲・多尿(よくオシッコに行く、飲んでも飲んでも喉が渇く)です。
糖尿病になりやすい典型的な人は、家族に糖尿病の人がいて40歳を過ぎてきて運動不足食生活が乱れて肥満気味ストレスの貯まる中間管理職の人です。

いくつか項目が当てはまる方は、一度、健康診断してみては如何?


(おまけ)
→実際に糖尿病の治療をがんばっている人のプログはこちら←

↓納得できる内容だった日にはクリックお願いします!↓
20060703125039.gif


スポンサーサイト

【2006/07/26 14:29】 | 身近な病気 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



G.sky
こんばんは。
糖尿病ってなかなか一言では説明しづらい病気ですよね。人によって原因も症状も様々ですし、治療の結果がすぐ反映される訳でもないし、患者の頑張りしだいってとこもとこもあるし、医師の方にとっても厄介だと思います。なにしろ自覚症状が無いのがより厄介です。だから、そんなに深く考えずに放置する人が多いんでしょうね。
甘く見ると失明したり足を切断したりととんでもない事になるけど、うまく付き合えば、逆に一病息災で、より自分の体に気をつけて健康な生活をしていくきっかけを与えてくれる病気でもあると私は思っています。
それには、医師の方の適切なアドバイスが不可欠なんですよね~。
そういう意味からも、とても素晴らしいブログだと思います。
糖尿病に限らず、これからも色々、教えてくださいね。
期待しております!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/26(Wed) 15:14 |   |  #[ 編集]
こんばんは。
糖尿病ってなかなか一言では説明しづらい病気ですよね。人によって原因も症状も様々ですし、治療の結果がすぐ反映される訳でもないし、患者の頑張りしだいってとこもとこもあるし、医師の方にとっても厄介だと思います。なにしろ自覚症状が無いのがより厄介です。だから、そんなに深く考えずに放置する人が多いんでしょうね。
甘く見ると失明したり足を切断したりととんでもない事になるけど、うまく付き合えば、逆に一病息災で、より自分の体に気をつけて健康な生活をしていくきっかけを与えてくれる病気でもあると私は思っています。
それには、医師の方の適切なアドバイスが不可欠なんですよね~。
そういう意味からも、とても素晴らしいブログだと思います。
糖尿病に限らず、これからも色々、教えてくださいね。
期待しております!
2006/07/26(Wed) 22:49 | URL  | G.sky #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。