上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然ですが、若いころ(?)の私は合理的な考え方を理想としていました。そして、すべてが理屈で説明できるものであり、例外なくそれが正しいことだと信じていました。
かなり長いことそう思っていました・・・

ところで、皆さんは「人間は、理由もなく嬉しくなったり悲しくなったりする動物である」ということを知っていますか?そして、皆さんはそのようなことを経験したことがありますか?もし、あるとしたら、それは貴重な体験です。是非わたしにも教えて欲しいです。

そこで、私もふと思い出したことがあります。

続きを読む・・・

P6270023.jpg

そんな私が経験したことを、留め止めとなく書いてみようと思いました。
ただ、文才のない私が書くものですからニュアンスが伝わるかどうか心配です。
伝わらなかったらごめんなさい。
当然、ノンフィクションの話です。
それでは、さっそく始めさせて頂きます・・・


その頃の私は、20代前半だったと思います。
医学生でした。「ポリクリ」と呼ばれる学生実習をしていた頃です。
そのため、大学病院で各科をまわっていました。
現役の医者についてまわって、実際の医療がどのようなものかを習うためです。

今から紹介する内容は、産婦人科に関わる話です。

 その日、私はいつものように病院で医学生としてのカリキュラムをこなしていました。産婦人科という科は、「産科」と「婦人科」の合わさったところです。その産科のカリキュラムに「ローテーション中(科を回っている間)に一度は出産に立ち会わなければならない」という条件がありました。医学生の私は、いつ誰から始まるのかわからない陣痛・出産を待っていました。
 ところで、普通は妊娠したからといって大学病院で子供を産む人は、まずおりません。大学病院で出産をする妊婦さんは、なんらかの問題を抱えているのです。未熟児、巨大児、切迫早産、多胎児出産、双体間輸血などなど、産科ではいろいろ問題となる病態があります。

 病院に泊り込みで待っていた私は、夜中の3時頃に呼ばれました。妊婦さんの一人に陣痛が始まったのです。夜中にもかかわらず、初産であったその女性は数時間にわたり陣痛の痛みに耐え続けました。それを目の当たりにした学生時代の私は、ただ、突っ立っていることしかできませんでした。何度も痛みに耐える妊婦の叫び声が部屋中に響き渡ります。そのとき、私はあまりの迫力に圧倒されて何も考えることができませんでした。放心状態のようなものですね・・・。しかし、みているだけの私にも疲れを越えた脱力感のようなものが体中を満たしたころに、とうとう羊水や血液にまみれた胎児の頭がわずかに顔を覗かせました。(←正常な状態です。)
 その後は、あまり覚えていません。比較的みじかい時間が過ぎたと思います。
 看護婦さんが、生まれたばかりの赤子を乾いたタオルで包み母親の眼の前に連れていきました。それは、赤子と母親とが始めて向かい合う瞬間です。出産を終えたばかりの母親は、疲れきった顔で一生懸命に赤子にむかって手を伸ばし、このように云いました。
「おかあさんはがんばったよ・・・がんばったからね・・・」
と耐えてきた痛みのせいなのか、それとも赤子の顔をみて安心したのかわかりませんが、その眼からは涙が流れていました。
 それをみたとき、意味もわからず私の頬にも涙が伝っていました。
私の昔話は、ここまでです・・・。

(最後に)
 翌朝、その母親は亡くなりました。どうして亡くなったのかを誰かに聞く気にも、自分で調べる気にもなりませんでした。未だに理由は知りません。

 何故、私が泣いたのか?いったい何に感動したのか!?と疑問に思う方も多いと思います。きっと、昔の私ならそう思ったハズです。もし、そう思われた方は、一度、出産の立会いをしてみることをお勧めします。理屈では説明できないその答えがわかりますよ。私がお約束します。

↓納得できる内容だった日にはクリックお願いします!↓
20060703125039.gif

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
そんな私が経験したことを、留め止めとなく書いてみようと思いました。
ただ、文才のない私が書くものですからニュアンスが伝わるかどうか心配です。
伝わらなかったらごめんなさい。
当然、ノンフィクションの話です。
それでは、さっそく始めさせて頂きます・・・


その頃の私は、20代前半だったと思います。
医学生でした。「ポリクリ」と呼ばれる学生実習をしていた頃です。
そのため、大学病院で各科をまわっていました。
現役の医者についてまわって、実際の医療がどのようなものかを習うためです。

今から紹介する内容は、産婦人科に関わる話です。

 その日、私はいつものように病院で医学生としてのカリキュラムをこなしていました。産婦人科という科は、「産科」と「婦人科」の合わさったところです。その産科のカリキュラムに「ローテーション中(科を回っている間)に一度は出産に立ち会わなければならない」という条件がありました。医学生の私は、いつ誰から始まるのかわからない陣痛・出産を待っていました。
 ところで、普通は妊娠したからといって大学病院で子供を産む人は、まずおりません。大学病院で出産をする妊婦さんは、なんらかの問題を抱えているのです。未熟児、巨大児、切迫早産、多胎児出産、双体間輸血などなど、産科ではいろいろ問題となる病態があります。

 病院に泊り込みで待っていた私は、夜中の3時頃に呼ばれました。妊婦さんの一人に陣痛が始まったのです。夜中にもかかわらず、初産であったその女性は数時間にわたり陣痛の痛みに耐え続けました。それを目の当たりにした学生時代の私は、ただ、突っ立っていることしかできませんでした。何度も痛みに耐える妊婦の叫び声が部屋中に響き渡ります。そのとき、私はあまりの迫力に圧倒されて何も考えることができませんでした。放心状態のようなものですね・・・。しかし、みているだけの私にも疲れを越えた脱力感のようなものが体中を満たしたころに、とうとう羊水や血液にまみれた胎児の頭がわずかに顔を覗かせました。(←正常な状態です。)
 その後は、あまり覚えていません。比較的みじかい時間が過ぎたと思います。
 看護婦さんが、生まれたばかりの赤子を乾いたタオルで包み母親の眼の前に連れていきました。それは、赤子と母親とが始めて向かい合う瞬間です。出産を終えたばかりの母親は、疲れきった顔で一生懸命に赤子にむかって手を伸ばし、このように云いました。
「おかあさんはがんばったよ・・・がんばったからね・・・」
と耐えてきた痛みのせいなのか、それとも赤子の顔をみて安心したのかわかりませんが、その眼からは涙が流れていました。
 それをみたとき、意味もわからず私の頬にも涙が伝っていました。
私の昔話は、ここまでです・・・。

(最後に)
 翌朝、その母親は亡くなりました。どうして亡くなったのかを誰かに聞く気にも、自分で調べる気にもなりませんでした。未だに理由は知りません。

 何故、私が泣いたのか?いったい何に感動したのか!?と疑問に思う方も多いと思います。きっと、昔の私ならそう思ったハズです。もし、そう思われた方は、一度、出産の立会いをしてみることをお勧めします。理屈では説明できないその答えがわかりますよ。私がお約束します。

↓納得できる内容だった日にはクリックお願いします!↓
20060703125039.gif

スポンサーサイト

【2006/07/11 10:00】 | ノンフィクション トラックバック(0) |

こんばんは
管理人
うううう~こんばんは・・・
いつもありがとうございますv-16
生と死・・・の感動なんでしょうか?
死を経験すると(自分の飼ってる犬とか)涙が出てきますよね。何で人が死んだら泣くの?って・・・人それぞれです。多分悲しいからって・・・いうのが皆が思う感情とおもうけど・・・それだけじゃないんです。色々な思いがあって涙を流すですね。感動の涙なんです。生も死と同じく~死も生と同じく感動の涙です。
でも・・・誰もが生で、死で涙流すとはかぎりませんよね。身内の生と死だけは特に涙流しますけど・・・でも、私のような物事を幅広く考えれない人間ではなくて、幅広く考えれる人は、感動が多いので涙すると思います。

なんで涙がでたかって?
がんばったね、私を選んでうまれてきてくれてありがとう!・・・ていう母のおもいで母は涙する?!見てる側の思いは?母の一生懸命な強さ・・おさんと、なんかな?がんばって生きようとしている生に涙するんかな?

死も・・・がんばったね・・・今までありがとう。ゆっくりやすんでね。充電してね。又眼が覚めたら生の始まり・・・・ごくろうさん。ってありがとう・・・の思いで死に涙した(あたいはね)

生も喜びだろうけど、死も喜びだとおもいます。・・・・ あっ 自分の殻に閉じこもった考えですが・・・・!

いひひ~生死の話は好きです。


よいですね~
ぶるる
お邪魔させていただきます!

医師もこんな風に色んなことを考えながら日々送っているんだなぁ…と天邪鬼さんに親近感を覚えましたv-411

>それをみたとき、意味もわからず私の頬にも涙が伝っていました。

「意味もわからず…」でも、意味がないわけじゃあない、とあたしは思います。v-218
人はその意味に「無自覚」なだけじゃないかと。
「生命の誕生」や「困難に立ち向かい、達成すること」にプラスの価値を置くからこそ、「感動」や「共感」を呼び、それに伴ったが流れるのでは…とあたしは思いますv-411
逆にその価値を叶えられないとき…違ったが出ますね。

あたしは「アルプスの少女」でクララが立ち上がったときに涙し、ヒデがグランドに仰向けになって涙しているのを観て、号泣しました(笑)
もちろん、自分が出産したときもv-402

「出産の立ち会い」いいですよね。
立ち会い分娩に参加できた男性はラッキーだな、と思います。
医師や看護師ってその点お得…な感じがするのはあたしだけでしょうか?(笑)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
うううう~こんばんは・・・
いつもありがとうございますv-16
生と死・・・の感動なんでしょうか?
死を経験すると(自分の飼ってる犬とか)涙が出てきますよね。何で人が死んだら泣くの?って・・・人それぞれです。多分悲しいからって・・・いうのが皆が思う感情とおもうけど・・・それだけじゃないんです。色々な思いがあって涙を流すですね。感動の涙なんです。生も死と同じく~死も生と同じく感動の涙です。
でも・・・誰もが生で、死で涙流すとはかぎりませんよね。身内の生と死だけは特に涙流しますけど・・・でも、私のような物事を幅広く考えれない人間ではなくて、幅広く考えれる人は、感動が多いので涙すると思います。

なんで涙がでたかって?
がんばったね、私を選んでうまれてきてくれてありがとう!・・・ていう母のおもいで母は涙する?!見てる側の思いは?母の一生懸命な強さ・・おさんと、なんかな?がんばって生きようとしている生に涙するんかな?

死も・・・がんばったね・・・今までありがとう。ゆっくりやすんでね。充電してね。又眼が覚めたら生の始まり・・・・ごくろうさん。ってありがとう・・・の思いで死に涙した(あたいはね)

生も喜びだろうけど、死も喜びだとおもいます。・・・・ あっ 自分の殻に閉じこもった考えですが・・・・!

いひひ~生死の話は好きです。
2006/07/11(Tue) 20:27 | URL  | 管理人 #HfMzn2gY[ 編集]
よいですね~
お邪魔させていただきます!

医師もこんな風に色んなことを考えながら日々送っているんだなぁ…と天邪鬼さんに親近感を覚えましたv-411

>それをみたとき、意味もわからず私の頬にも涙が伝っていました。

「意味もわからず…」でも、意味がないわけじゃあない、とあたしは思います。v-218
人はその意味に「無自覚」なだけじゃないかと。
「生命の誕生」や「困難に立ち向かい、達成すること」にプラスの価値を置くからこそ、「感動」や「共感」を呼び、それに伴ったが流れるのでは…とあたしは思いますv-411
逆にその価値を叶えられないとき…違ったが出ますね。

あたしは「アルプスの少女」でクララが立ち上がったときに涙し、ヒデがグランドに仰向けになって涙しているのを観て、号泣しました(笑)
もちろん、自分が出産したときもv-402

「出産の立ち会い」いいですよね。
立ち会い分娩に参加できた男性はラッキーだな、と思います。
医師や看護師ってその点お得…な感じがするのはあたしだけでしょうか?(笑)
2006/07/12(Wed) 00:11 | URL  | ぶるる #n/suoGfY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。