上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ~!!
今日は、少しだけ真面目な話をしようかな~って思います。

昨日、yahooニュースでみたのですが、
施設の先生が言うことをきかない自閉症の子供を部屋に閉じこめたという内容の記事がありました。それにより事故が起こってしまった
ということでした。

私は思いました↓
え・・・そんな~・・・。
正直、こんな感じです。

つづき↓

自閉症の子供は、聞き分けが良くないです。
当然、言うことをききません。(重症度により程度が異なります。)

たぶん、自閉症ではない「健全な小児」だと思って接したら子供の反応が歯がゆくて腹が立って仕方がないと思います。
でも、もう一度最初から考えてみて下さい。
これは心の病気なのです。
子供に何の罪もないのです。

病気が子供の聞き分けを悪くしているのです。

これは、認知症(痴呆症)に関しても言えることです。
お金を取った」とか言ったり「虐められている」と言ったりする被害妄想や、「ゴハンはまだ!?」と食後も言い続けたり、夜中に起きて朝だと勘違いして徘徊したり・・・
すべて、病気がそうさせているのです。
本人の心からの意志ではないのです。


話を自閉症にもどしますね。
では、子供の聞き分けを悪くする「自閉症」という病気は何者なのでしょう!?
・・・部屋に閉じこもる病気だと思っていませんか!?
そうではありません。
では、自分の中に閉じこもってしまう病気でしょうか!?
・・・やはり違います。
自閉症」という名前がいけないのです。この名前を命名した人のセンスが良くないです。
「自閉症」という病気は、自分以外の生き物(人間も動物も植物も)に対する認識力を悪くする病気なのです。
具体的な例をあげると、

私たちの目の前で、焼き芋が焼かれています。悲しいですか?
私たちの目の前で、強風のために木が折れてしまいました。悲しいですか?
私たちの目の前で、ネコが車に轢かれました。悲しいですか?
私たちの目の前で、疲れ切った老人が電車の前に飛び降りました。悲しいですか?
私たちの目の前で、一緒に過ごしてきた家族が息をひきとりました。悲しいですか?

どうでしょうか。
一般の人なら下に行けば行く程、悲しさも大きいハズです。
この違いが、認識力の違いだと考えて下さい。

もしも、私が重度の自閉症なら・・・
上から下まで、同じことです。別に悲しくありません。
その辺に転がっている石ころも、歩いてるネコも、車に乗ってる人も、自分の兄弟も自分を産んでくれた母親も、単なる「自分以外の存在」であり特別な違いはありません。

では、自分以外のものの価値はすべて「石ころ」と同じなので、実際にそう例えて考えましょう。

石ころ「一緒に遊びましょう!?」
私「・・・」無視します。1人でおもちゃで遊びます。

石ころ「ゴハンの前には手を洗いなさい!」
私「・・・」(ほっといてくれ)

(人混みの中にいます。)
私(うっと~しいなぁ、とりあえず叫ぶか!石ころしかいないし)「うおお~!!!」
石ころ「人の迷惑になるでしょ!?静かにしなさい!!」
私「・・・」うるさいな~、なんでだよ!?

と、こんな感じでしょうか。

「石ころ」に例えたら、なんとなく自閉症の子供の気持ちがわかりませんか???
(その他、ほかの特徴もありますけどね!でもメインはコレです。)

こんな感じなので、愛情いっぱいの母親も自閉症の子供からみたら「ゴハンを作ってくれるメイドさん」という程度の認識になります。父親は「よく怒るヤツで、怒ったら厄介な存在」となります。

そりゃ、周りの人間からみたら腹の立つことが多いでしょう。
しかし・・・
何回もいいましたが、
そういう心の病気なのです。
本人の責任では、ありません。
もし、これが本人の責任だったのなら、癌で死んでいく人たちもスベテ本人の責任になります。

今回の、「施設の先生が言うことをきかない自閉症の子供を部屋に閉じこめた」という事件は、「自閉症」という病気に対する認識不足が原因となったのではないかと思い、とても残念でなりません。
やはり施設も自閉症の子供を引き受ける以上は、自閉症がどのような病気なのかを知っておく必要があったのです。
もし、「言うことをきかない」=「自閉症の症状」と認識できていたら防げた事件かもしれません。

町中でもたまに見かける「自閉症」・・・
少し興味を持ってもらえましたでしょうか・・・謎
もしも、少しでも興味を持ってもらえた方は↓

10月10日より、フジテレビにて
『僕の生きる道』
草薙剛くんが主演。


是非、観て下さい。
医療関係以外の人たちにも知って貰いたい心の病気です。
そして、町中で自閉症の人をみかけたら・・・
大きな心で見守ってあげて欲しいです。

若輩者が生意気なことをいってスミマセン!m(_ _)m

↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします♪↓
banner2.gif


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2006/10/05 11:09】 | 是非、この映画を! トラックバック(0) |


蜂の巣
天皇は人間ですよね?人間なんですよね?
人は生まれながらにして自由で平等なんですよね?それなのに、なぜ生まれた家柄で、
男女差で、命の価値がかわるのですか?なぜ選挙で選ばれたわけでもないのに、
その家に生まれたというだけで、私たちが税金で皇族を養わないといけないのですか?
社会構造、そのものを問いませんか?福祉国家をめざしませんか?
【この国に天皇はいらない】運動、始めます。
【たろと蜂の巣】http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/



ボスミン
そうですよね。「自閉症」って殻に閉じこもってる。というイメージが強く、私もここまで詳しくは理解していませんでした。勉強になります。
精神科に勤務してますので、精神疾患の患者さんへの対応の難しさについては知っていますが病院だろうが、施設だろうが、一人の人間を受け入れるのですから個人の人権を尊重する対応が望まれると思います。
親も自分の子供を「自分の物」と考えがちな大人がいるような気がします。
子供だって個人として尊重してあげないといけないと考えています。
話がそれましたが、このニュースは学校の心障児学級の担任が倉庫に閉じこめたとの事で、心障児学級の担任になって3年目にもなるのに、何故理解できないかも不思議ですね。
学校の先生も色々ストレスが溜まると思いますが、このような行動はいかがなものか。と思います。



nagi
自閉症。。。
心の病気というよりは、その子が持って生まれた障害ですよね?!
アスペルガーについて一時期調べたことがあって……。

言うことを聞かないから部屋に閉じ込めた人は……
目の見えない人に 「どうしてあなたは目が見えないんだ!見えない筈はないだろう!」
って言って、見えないことを責めたてているようなものだと思います。
施設の先生がそんなことでは・・・・。

自閉症は親の育て方、接し方に原因があると思っている人が
いまだにいるようで、そうした間違った認識で見られることに辛い思いをしている母親も大勢いるようです。




天皇???
あまのじゃく
私は、賛成派でも反対派でもありません。

コメントは控えさせて頂きます。

ボスミンさんへ
あまのじゃく
私たちは、専門性のある職場で働いています。

(院長から掃除のおばちゃんまで全員)医療の現場で働く人は、その自覚を持つ必要がありますよね?

まぁ、私たちは自分の襟から正しましょうね~♪
私たちが相手をするのは、「人であり患者でもある
どちらも忘れないようにしなければ!!

今回は、「患者である」という認識不足が根本にあるものだと思いました。

nagiさんへ
あまのじゃく
自閉症とは、いろいろな意味で気の毒な障害ですね。
確かに、病気というよりは障害ですね。

健康とは、「身体的、精神的、社会的」に良好な状態と定義されていますが、特に社会的な面で厳しい障害ですね。
社会に適応するのがとても難しいです。

認識不足の人間と接したら、今回のような可哀想な事件が起こりやすいでしょうね・・・。
もっと、認識を広めて周りの人間が守ってあげれたらいいですね。(-_-)


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


自閉症児の母
MAX
はじめまして。
コメントさせてください。

自閉症・・脳機能に弊害がある発達障害との見解が
わかりやすいのでは?
心の病気と強調されると誤解が生じてしまうように
思われます。

実際に自閉症の方が書かれた本もいくつかありますが・・
それは一例として見たほうがよいのかもしれません。

おっしゃるようにその障害の程度は軽度~最重度まであり
その中でもてんかんやさまざまな障害を重複している
場合もあり、千差万別・十人十色なのです。

それから言うことをきかないのは自閉症の症状では
ありません。認知できないのです。
だからわかりやすいように視覚から(カード)などを
使ってみたりきちんと前もって段取りをとって
伝えてあげる事が大切です。

ひとりひとり適切な対応をしてあげれば素直に忠実に
行動に移してくれるはずです。

知識だけでは対応できない難しい障害だと思います。

事件がおこってしまったのは残念なことです・・
今後そういうことが少しでも減って自閉症のみならず
障害をもつ方々とその家族が普通に生活できるように
もっと働きかけ努力していかなければならないなぁ
と思いました。

テレビにとりあげていただくのは理解してもらう
ためにも嬉しいことですが・・その中身によっては
不安になることもある(苦笑)


MAXさん はじめまして。
あまのじゃく
そうですか・・・。やはり「心の病気」という表現では誤解を生じてしまいますか~・・・。
実は、管理人宛に同じ内容のご意見を頂き、後日(10/7)「お詫びと補足」で追加説明をさせていただきました。

私も、身近に2人ほど「自閉症」と診断された人を知っています。
ただ、2人とも比較的軽症であったため、ひとりはある程度勉強もできて大学中退まで(今は、家事手伝い)もうひとりは、子供の頃から施設に入り、今は書道に才能を見出して頑張っているようです。

本当に「自閉症」と診断された人でもその内容は、十人十色だと感じますね~。
MAXさんも心から感じていることと思いますが、「自閉症」の子供が成人したときに、社会適応できるような器の大きな世の中にしたいですね!

最後に・・・
コメント有難うございます。

コメントを閉じる▲
こんばんわ♪

たぶん、そうだろうなぁ~と薄々感じていたことなんですけど・・・

このブログを見に来てくれている人は、

医療関係者の方が多い!

 
うん・・・。
当たり前か・・・。
マニアックな話題ばっかりだからね~・・・(- -;)

そうそう、今日は↓
今日は、ひとつ紹介したい映画の話をさせて頂こうかな~って思ってます。

僕は、人並みに映画が好きでたまに思い立ったように一人で映画館に出かけていきます。
いい映画であったりただの駄作であったり・・・
そんな当りハズレがあるのも映画の醍醐味かもしれません。

中には、いずれ自分に子供ができたら一緒に観に来たいな~と思う映画があったり、これは彼女と観にきたら良かったかな~と思う映画があったりします。
そして・・・
この映画はいい作品だな~!この映画は、医療に携わる人たち全員に観て欲しい映画だな~って思うような作品もいくつかありました。

今日は、そんな作品のひとつ「ロレンツォのオイル」という作品を紹介させて頂こうかと思います。

私がこの映画を(ビデオで)みたのは、大学の4年生の時でした。大学のつまらない講義を全部抜け出し遊び呆けていた頃です。
・・・映画の内容に関しては伏せておきますが、この映画のおかげで医者を目指した頃の初心を思い出すことができました。
そして、自分の目指す医者の理想像が少しみえてきたような気持ちになりました。そんな作品です。

(特に、医療関係者やそれを目指す人は)是非、観てください!
このブログの左下に紹介DVDを載せておきました。
時間に余裕のある時に、(医療と無縁の人にも)是非、

借りて観てください!

近くのTSUTAYA(ツタヤ)で¥200で借りて観てください!('-'*)
絶対に損はさせません!!

・・・
なんだか、熱く語ってしまいました・・・。(・へ・;;)

じゃ~・・・もうひとつ、バランスよく冷めた話でも語ろうかな・・・。

数年前に、「タイタニック」という大ヒット映画がありましたよね?
(注:以下、「タイタニック」ファンの方は読まないで下さい m(-_-)m)
僕は、「タイタニック」という映画が公開されるという話を耳にした時、とても興味を持ち是非、観に行きたい!と即座に思いました。
しかし・・・
「えっ!?恋愛映画!?」
と、映画の宣伝をみて正直びっくりしました。
・・・

実際に沈んで大勢の犠牲者がでた船を題材に・・・
その船の上で架空のラブストーリですか!?

しかも、タイタニック号沈没は、そんなに大昔の話ではないのですよ!?
犠牲者の子供や孫たちは、今も数多く生きているのですよ!?
その人たちが、あの映画「タイタニック」をみたらどう思うのでしょうね・・・

私の意見は、かなり少数派の意見だとは思うのですが・・・
もう少し、配慮があってもよかった映画だと感じました。


もしも、私が映画監督だったら・・・
「タイタニック」を題材にしないで・・・

タイトルを「万景峰(マンギョンボン)号」にします♪

ストーリーはこうです↓
貧乏少年が、舞鶴行きの名門大洋フェリーと間違えて万景峰号に乗り込みます。そこで、喜び組(←覚えてます?)のオネーサンに一目惚れして、二人は、いつしかキムチの話で盛り上がり意気投合します。そのまま、(映画特有の)不自然でかつ強引な展開で二人の愛が燃え上がります。その日の夜に・・・(←だいたい夜中の3時くらい♪)
不意に北○鮮のミサイル訓練が始まり、誤って二人の乗っている船(←まんぎょん♪)に直撃します。
(直撃なのに何故か生きてる)二人は、海の上に流されます。そこに人食いガメ(←三流映画でたまにでてくる)が現れて・・・
・・・(回想シーン♪)
ひとり生き残った喜び組のネーチャンは、その後、将軍様のために一生懸命応援して余生をおくりましたとさ・・・。  (じ・えんど)
↑という感じの、悲しく(?)も儚い(?)話をつくります♪

どう?
僕が、映画監督を目指さないで正解だったでしょ!?笑
「少林○ッカー」並みにツッコミどころ満載でしょ!?d(>_< )

・・・
今日こそ、何人か敵をつくってしまったな・・・これは!( ̄へ ̄|||)


↓納得できる内容だった日にはクリックお願いします!↓
20060703125039.gif


しかし、今日の内容で納得できる人っていったい・・・笑


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

【2006/07/27 22:35】 | 是非、この映画を! トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


初めまして、こんにちは♪
うまうま
初めて、おじゃまします~!
うまうまと申します。
なぜか?ここにたどり着きましたが、
こんな方もいるんだなぁと思い、うれしくなりました♪(失礼な言い方で、お許し下さい)

私の祖父や親戚、従妹、はみんな医者です。その子供も医大生です。母だけ異端児だったようです、私もハミダシて美大でした。今はCMや広告をつくる仕事で、2型糖尿病でもあります。親族とは感覚が遠いのであまり話す事がありませんが・・・(笑)
悲しいかな、そんな環境で育ったので、反発する反面どこかで、たぶん共感も持っていて複雑な気分です。
楽しくシンプルに生きたいと思っています。又、遊びに来させてください~!

うまうまさんへ
あまのじゃく
はじめまして♪

お医者さん一族ですね~!
私も伯父が医者してるのですが、性格が合わないみたいであまり交流がないです・・・笑

ちなみに、「こんな方も・・・」ということですが、私にとって「医者らしくない・・・」が最高の褒め言葉です♪そんなハミゴのDrですが、又、遊びに来て下さいね~!

お医者さん
にんじゃもどき
私もなぜか、このサイトに立ち寄りましたが・・・

以前、日本国内での電子カルテの調査をしたことがあります。その際に、最終的に私が個人的に感じたことは、自分が子供のころとは異なり病院ってとても怖いところであるということと、医師を「先生」と呼ぶのは果たして、正しいのか?ということです。

ほんの一部ではありますが、医療現場での本音を聞いたときに愕然とした記憶があります。
ここ数年、病院にも行ってませんが自分の健康は、自分で守るものだと痛感しております。

お医者さんの深層心理にアル意識改革は起こるのでしょうか?


にんじゃもどきさんへ
あまのじゃく
僕も医者のことを「先生」と呼ぶのは反対意見です。
たぶん、そのせいで勘違いしてしまった医師は多いと思います・・・。

それと、残念な答えになりますが、
>お医者さんの深層心理にアル意識改革は起こるのでしょうか?
難しいと思います。
医師といってもダダの人です。
いい人もいれば悪い人もいる。そんな集まりです。
人柄で選ばれた人選ではないですからね・・・。

正に、自分の身は自分で守らなければならない時代だと思います。

ちなみに、私の考える医師改革ですが、
①医者の数を倍に増やす。

②医者の社会も(病院同士も)競争社会になる。

③悪い病院は競争社会にやぶれ潰れる。
 医師の数もふえ高給取りではなくなる。

本当に人のためになる仕事をしたい人間だけが医者を目指すようになる。
(今は、お金目的で目指した医者が多いです)

まぁ、日本医師会の方針により私の考える方向と全く逆の方向へ進んでいますけどね!!!苦笑


コメントを閉じる▲
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。