上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはよ~ございます!
前回は、話の途中で失礼しました。m( ̄ー ̄)m ゴメン
今回は当然・・・

続・続・「癌の告知」最終編
です!

さっそく話をはじめま~す↓
まず、読まれてない方は前回の話から・・・内容を忘れちゃった人も見直してね~♪

私が、を隠し通せない!と感じたところからです。

その後、スグに家族(娘二人)を病院へ呼びました。

私「放射線治療は、だと自覚した上で始めるべき治療です。(←被爆するからね~)それ以前に、脳の転移はいずれ進行するために最後まで本人に隠し通せません。・・・正直に「」だと説明しましょう。遠くない未来に必ずバレてしまいます。」

家族「それでは、私たちは今までウソをついたことになってしまいます。(全くその通りなのですが・・・苦笑)それに、今更、母がだと知ってどうなるのですか?」
という答えが返ってきました。

私「確かにだと知ったからといって治療方針が変わる訳ではありません。しかし、隠し続けても癌だとは知らずに楽に逝けるような癌ではありません。だからこそ、本人が選んだ治療方針を行う必要があるのです。」

家「でも・・・。私たちは、母がショックを受ける姿を見たくありません。このまま、なんとか隠し通せるところまで隠し続けて下さい!」

私「・・・そうですか。わかりました。」

という内容の会話をしました。
そして、放射線治療の話を家族にしたのですが、

①家族は、放射線治療をしたら必ず脳の転移癌が縮小すると思っていました。(実際は「乳ガンの脳転移」の場合、効くか効かないかはやってみなければわからない!という程度でした。)

②副作用がある。具体的には、放射線を照射した部分(被爆部分)の髪の毛が抜けてしまう(いずれ生えてきますが・・・)

③放射線をあてるのに一ヶ月かかってしまう。それによる延命効果が一ヶ月以上あるとは限らない。


以上の点で、前医が家族にちゃんと説明できていませんでした。
そのため、再度治療方針の見直しとなりました。

・・・
結局は、効くかどうかわからない放射線治療を行わないという方針に変更となりました。
そして、お婆ちゃんは自宅に退院することに決まりました。


最後(退院日)に、私からもう一度家族に忠告しました。
「この癌は、隠し通せるガンではありません。同じバレるのなら、早いほうが良いです。希望があれば、私の方から出来る限りショックを与えないように告知させて頂きますが・・・。」と伝えました。
家「これは、既に親戚も交えて相談して決めたことですので・・・。」
という返事が返って来ました。

これが、この患者(+家族)と

話をした最後
です。
その後は、どうなったのか知りません。わかりません・・・。


あのお婆ちゃんは最後まで癌に気づかないフリをしてくれたのではないかと勝手に想像しています。


(私は)「癌の治療」の主役は、患者本人残された家族の両方だと思っています。
その点において、(特に後者の方へ)十分に納得のいく医療ができなかった恥ずかしい経験談のひとつです。

もうひとつ・・・未だにわかりませんが、
母の悲しむ姿をみたくない」という理由で癌の告知を行わないのは、本人のためになるのでしょうか・・・謎

・・・
私は、今でも思います。

あの娘さん二人が後悔していなければ良いのですが・・・と
                             (おしまい)

どうでしたか???
今日で、いったん「癌」に関する話を終わらせてもらいますね~
どうせ、イヤでもまた癌の話はでてくるでしょうし・・・


↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします!↓
20060703125039.gif



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2006/08/07 11:24】 | 癌のはなし トラックバック(0) |

私の意見を述べさせて頂きます
yamatoshinjyou

医師は患者の為の医師であり病院であらねばならないと私は思います。そして病院に来る人はナンラカの病を患った人なのです。この前提に立って告知について考えてみますと、患者の一人一人性格が違いますから、患者に対し告知された後に精神的に不安定な状況にさせないことが大事だと思います。ストレスから病気を患うこともあります。充分心のケア・カウセリングもして告知すべきだと思います。医師の方からすると毎日多くの患者を診ている一人に過ぎませんが、患者側からするとガンという死の宣告を受けているのは今ここで、この私一人なのです(その声を聞いて下さい)。
一生一度の大事(オオゴト)です。医師の先生の一言で、患者の精神状態を乱すことにもなるのです。
以上のことを踏まえて告知されるなら、誰もが納得いくのではないかと思います。物としてでは無く、一人の人格としての患者の扱いをすべきです。(流れ作業のように診て行く診察は心を忘れているように思います。医師と患者の心を持った人間同志として向かい合うべきです。いつの間にか世の中は、医師が偉い存在であり、特権階級のように扱われて来たからではないでしょうか?)
人格のある医師であっても忙しさで患者と面談する時間が○○分と、少ない対応(少ない対応の中でも心ある対応をして頂きたいと願います)「先生、あなたは誰を診ているのか・・・」と言いたい医師も多くいます。たまたま私の場合は紹介者も居られたので、告知の医師と入院する病院が違ったので、私にとって良い対応をして頂いたと思います。

どんなに科学や医療に進歩があっても、医師の方々には、誰のための診療かという事を忘れずに心をある診察を願いたいと思っています。
素晴らしい医師も沢山居られることは承知して居ります。しかし素晴らしい医師に出会うことは、患者の側からすると、大変難しいことです。

生意気な事を申しましたが、私の意見を述べさせて頂きました。



はなです。
はじめまして!

癌の告知はとても難しく私にはわかりません。
私だったら・・・
告知してもらい、その上で治療方法を選択したいと思います。もちろん、その場にならないと何ともいえませんが・・・。

告知をすることにより、強いストレスを感じ、免疫が
下がる。そんなことはないですか?

やっほ
管理人
v-22こんにちはv-22
うううう
そうなんですか!
でも、癌を隠していて 気づいた場合
きっと患者さんは自分自身でわかるから
だから、皆の優しさと思って
知らない不利するとおもいますよ。
しっかりした 癌患者さんなら
皆を反対に勇気づけるかもしれませんよね。

そうですね
癌の治療は 患者さんより
ご家族の方のほうが 大変ですね。
癌に対しての思いというのがあって
わたくしごとですは
私の母は「うちの家系には癌はいない」
そういい続けていましたし、
多分凄いショックを受けると言うのが
わかっていたため、姉たちは
父にも本人の母にも絶対に言えないと
言っていました。
多分悲しむ姿見たくないって言うのは
いつも元気で明るいかただったのではないですか?
えっと家族の思いを通して失敗した場合は後悔しません。
でも家族の思いが通らなかった場合や、説明不十分での医療側への
嫌な思い込みなどは、凄く後悔します。
なくなった後もいまだ心に残っています。
母との思い出は楽しく、医療側の暴言は悲しくのこってるということです。
私が思うには娘さんが方は後悔していないと思いますよ。

>はなです さま
告知することで(3度目の告知 転移の告知ですが)
すごーーーく明るく元気な母は一気にがたっと・・・
家族が、なんでそこまでなるかな?って驚くくらい、でした。
免疫力は絶対絶対下がります。
皆があきらめた時点で一気ですよね。
皆が沈んだらおしまい・・・そう思いました。
私が思うには、癌って告知されても
がん患者に何か希望を家族が与えたら
生きると思います。
やり残したことがあれば、人間って
そんな簡単に死ねないですよね。
TVでも見たことがありますが、
認知症の奥様を面倒見ていて
癌になったけども、妻をおいてはいけない
って、生きるって決めたら
癌消えましたよね・・・

告知する場合は、生きよう がんばって生きよう
あれもこれもしなきゃいけないじゃん
て 楽しいこと考えて、一緒にやろー!って。
がん患者さん本人が そうだねっやろうって
いったときには・・・
免疫力UPするとおもいます。
私の母の最初の告知がそうでしたから・・・

余計な口はさみました・・・・ごめんなさい。

では。。。。今回は自分の思いばかりですみません。
1年たってもまだまだふっきれませんで・・・(笑)



yamatoshinjyouさんへ
あまのじゃく
はじめまして!コメントありがとうございます!

患者の為の医師であり病院・心のケア・カウセリング・医師の先生の一言で・少ない対応の中でも心ある対応
と、一医者として普段から忘れてはならないことを再確認させて頂きました。

また、「素晴らしい医師に出会うことは、患者の側からすると、大変難しい」という言葉から、今までに医者や病院で苦労されてきたことが窺(うかが)えました。
実は、私も家族の癌で同じ苦労をしてきました。

せめて私自身は、医学生の頃から心してきた言葉
病気を診るのではない!患者を診ろ!
(↑患者自身ではなく病気だけを診る医者にはなるな!!!)
この言葉を忘れないように致します。m(_ _)m

有意義なコメントを有難うございました。


はなさんへ
あまのじゃく
はじめまして!
まず、コメント有難うございます。

>告知をすることにより、強いストレスを感じ、免疫>が下がる。そんなことはないですか?

答えは、経験者「管理人さん」が僕よりも真実味のある言葉で答えてくれてますね!(*'ー'*)

ストレスは万病の元!

それは、間違いないと思います。
逆に、身体の中でストレスが影響しない部位のほうが珍しいと思いますね!!!(/・0・)
特に、胃、心の病気、不眠症には顕著に影響しますね!?(最近の流行文句は ストレス→癌ですね)

管理人さんへ
あまのじゃく
いつも有難うございます♪

しかも、今回はコメントの返答まで!!!

あ( ̄○ ̄)り( ̄◇ ̄)が( ̄△ ̄)と( ̄0 ̄)う
ね!?

おかげさまで、今回の「癌の告知」の話は終えてみて、ブログで意見・相談してみて良かったなぁ・・・と思えるかたちに成れたと思います。

あらためて・・・アリガト♪(*'-^)-☆



たぁこ
告知は非常にデリケートでありながら、避けられない重要なことですよね。
お医者さんにしてみれば、ご家族に告げることすら
大変かと思います。i-181

私も10年ほど前に父を癌で亡くしましたが、本人には告げたようです。
自分の性格上、教えてもらってよかったと、
最後まで病気と向き合って、前向きに生きていました。

話の軸がずれますが、当時、高校生だった私と弟達に
父の病名が明かされたのは、余命1週間のときでした。
大学受験、高校受験を控えた子供達に心配させたくないという気持ちと、
普段どおりの笑顔で父に接して欲しいという親心から
直前まで隠されていました。

その気持ちは、痛いほどわかりますし、
その判断は間違っていなかったと思っている母を責めるつもりもありませんが
なんともいえないもどかしさが未だに残っています。
聞いたときには、ほぼ危篤の状態でしたので、
もっと早く教えてくれてたら感謝の言葉ひとつでも伝えられたのではないか、
と悔やまれます。
ちょうど年頃だったので、父親と話をするのが
なんだか照れくさい時期でもあり、
自分でも自分の態度がそっけないかも・・・と思っていた時期でもありましたし。
せめて素直に接することができていたらなぁと。

告知って難しいですねi-182

遅くなりました
伽羅
「癌の告知」のタイトルを見つけ、あまのじゃくさんのお話し
コメントをされた皆さんのお話し・・・読ませて頂きました。
私も一言残したいと思いながら遅くなってしまいました。

癌の告知に限らず、今、インフォームドコンセントなるものが
医療界では至極当たり前のように行われています。
私はナースでありドクターではないので、患者さんとともに
ドクターの説明を聞く側に立つ場合も多いです。
「癌患者」とも関わるような職場になってから20年以上経ちますが、
その間、ドクターからの説明を何人の患者さんが同意・納得されて
診察室を出て行かれたでしょう?

ドクターは「説明したから終わり。」
ではないはず・・・なのに、「言いっぱなし・説明しっぱなし」の
ドクターは多いのが現状ではないでしょうか。
納得されていない患者さんや家族はどうするかというと、
「もう一度、先生の話を伺いたい。」と詰め所に尋ねてみえます。
当然、私達ナースはドクターにその旨伝えます。
すると・・・
「えーっ!またぁ!・・・この間、説明した時、わかりました。って
言ったのに・・・しつこいんだよねぇ(ぶつぶつ)」
と反応されるドクターを数多く見てきました。
勿論、そんな無責任なドクターばかりではありませんが。

本当の意味のインフォームドコンセントが行われない限り、
「癌の告知」はドクターの自己保身でしかないと私は思っています。
癌患者の家族を体験し、数多くのドクターや患者さん・ご家族を
見てきた私からの考えを述べさせて頂きました。

遅くなりましたが
orakuji
以前コメントをいただいたorakujiです。
遅くなりましたが、コメントさせていただきますね。

ガンの告知と言っても、ガンにはいろいろあって
治療法がある程度確立させているものから
ほとんど治療法がないものまでいろいろだと思います。
私の場合ホジキンリンパ腫という非常によくなる確立の高いガンでしたので
告知させることでのショックというのはほとんどありませんでした。
自分はどういう病気でどういう治療を受けたら、どういう結果が得られるのかという説明を受けた上で治療に臨むのは、当たり前という認識でした。

ただ、告知をされるか、されないかという選択は
患者の権利なのかな?と思うので
必ずしも告知することがいいという立場ではないです。

私は、どんな病気でも告知されたいという立場ですが。

病気のことを自分か知り、家族が知り、友達が知ることで
私は失ったものはないです。
たくさんもものを得ました。

ただ、その裏側には、心を痛めるという代償があった、ということです。


orakujiへ
あまのじゃく
有り難うございます!
無理なお願いを聞いていただいて光栄です。

>告知をされるか、されないかという選択は
患者の権利なのかな?

本当にその通りなのです。
ただ、入院時にアンケートをとっていない以上は、多数派の意見「告知賛成」に従うというのが現状です。

患者によって告知・非告知を医者や家族が考えて行動すればいい!と思われるかもしれませんが・・・
正直な感想なのですが、医者が告知・非告知を全委任された時代は終わりました。意識のしっかりしている患者に告知しなかったら訴えられる時代です。

また、意識がしっかりしている以上、本人よりも先に家族に説明できる時代もじきに終わると思います。患者自身に「家族や親戚に、癌であることを説明してもいいか?」と聞かなければ説明できなくなるでしょう。

良くも悪くも、医者の権威は落ちました。そして、患者自身が考えて方針を決めなければならない時代です。

ある意味、昔よりもシビアになったのではないでしょうか!?謎

今回は、貴重な体験談を有り難うございました。

コメントを閉じる▲
語りだしたら、いつまでたっても終わらない「癌の告知」の問題・・・。

ですが、今回でこのテーマを締めくくろうと思います。
ということで、一旦、今日で最後の

続・続・「癌の告知」について

です。
つづき→
初回が「癌専門病院」についての話をしました。

前回が「癌の告知」について有無を言わさずに、全員に告知しても良いのだろうか?という個人的な考えを書きました。

で、今回ですが・・・
私の経験談「告知をしなかった話」を紹介させて頂こうかと思います。医者として恥ずかしい話なのですが・・・

(以下、むかし話です。)
その患者さんは、80歳前後の女性で、乳癌から脳に転移してしまった患者様でした。
家族構成は、子供がふたり(娘二人)おりました。
(告知に関しては)私のところへ紹介して来られるまでに、娘さん二人の希望により前医から「癌の告知」をされていませんでした
病名(?)は、「原因不明の頭痛」だそうです。
ちなみに、治療方針は放射線をアテて欲しいとのことでした。

ところで、このお婆ちゃんは80歳とはいえ、頭はしっかりしていました。そして、最初に私が治療方針について説明をします。

「頭に毎日、一ヶ月くらい放射線をあてます。これで、少し痛みが治まるかもしれません。」
すると、お婆ちゃんが
「どうして原因不明の頭痛で放射線をあてるのですか?」
「原因不明なのに、それで治るのですか?」
と質問されます。
さっそく、私は答えに詰まります。

そりゃそうです・・・根本的な部分(病名)からウソなのですから、それに関する質問をされたら正しい解答ができません
だいたい、治療方針も説明もオカシなところだらけです。

癌でもないのに放射線をあてて被爆させるのですか?

治療に一ヶ月もかかって、被爆までして「痛みが治まるかもしれない」という程度の効果予測なのですか?
(しかも、原因不明なのに放射線照射?)

・・・お茶を濁すような答えしかできません!!!
「癌を隠す」という一つのウソを守るために、既に数多くのウソを重ねていました。
私は、すぐに最後までは隠し通せない!と感じました。



突然すみません!!!
今、呼ばれてしまいました。
また、次回、続きを書きます!!!
m(_ _)mスマン


↓納得できる内容だった日は、応援をよろしくお願いします!↓
20060703125039.gif




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2006/08/06 03:23】 | 癌のはなし トラックバック(0) |

お疲れ様です
管理人
v-22こんばんわんこ
いや~おはようわん ですねv-22
やはり・・・・当直ですね!

私も 夜回りです(笑)

あさですよーーーーv-75v-75
ねちゃいましたか???お疲れ様ですv-82

あああ~んで m(_ _)mスマン
              ↑にぽちっv-219
うけましたー!!納得!!v-425

ううう~予測!v-433
ばれるんですかね~患者様の方がきづいてしまうんですかね????

でも 気づかれたら、開き直って
だいじょうぶだよ~がんばろうよ~
ってなりますよね!ううううう~

あっ 続き 楽しみに待ってます
お仕事ご苦労様ですv-353



告知してほしい派です。
さとゆみ
自分がと言われたとしたら、
それはそれは恐怖です。

ビビリな私には精神的ダメージの方が病気より先行してしまうと思います。

ではない今だから、
告知して欲しいと思うのかもしれないなぁ~。
現実問題としてそこにない立場では難しい問題かも。

すみません、曖昧なコメントになってしまいました。

お仕事、お疲れ様ですv-273

おはよ~ございます!
あまのじゃく
「管理人さん」も「さとゆみ」さんもコメントありがとね~♪

今から、残り半分を書きますね~>管理人さん

「癌」と告知されて、今も生きている人は必ず「癌といわれた時の気持ちは、癌になった人間にしかわからない!」といいますね~・・・いっそのこと、医師免許資格(又は、癌専門医)に「癌の既往のあるもの」としてみてはどうかな・・・ >さとゆみさん

おはー
管理人
v-22おはでつv-22
ちょっと 落ち込み中の v-418ちゃんです
ああああ・・・・今日頼んでいたものが届いて
今・・・ルンルンルンです!しかし子どもたちv-390

忙しいなか ご苦労様です!
つづき楽しみにまってまーーーーす!!v-425


はじめまして
ナナシ・カオナシ
コメント有難うございます。
v-238
看護短大に入る前、昨年の7月まで治験の仕事をしてました。
その前は・・・今度私のブログに折があったら書きますね(笑)
最近は、同意・個人情報・挙句には弁護士さん、マスコミがあおっりにのちゃう患者様による医療訴訟・・・。
医療関係者には本当に大変な時代になりましたね。
でも、ちゃんと話の理解できる患者様もいっぱいいますよね。
「先生、有難うございます」の笑顔のために頑張ってください。
応援してます。v-274




ナナシ・カオナシさんへ
あまのじゃく
「無記名さん」ですね~!
でも、コメント有難うございます♪

うんうん・・・正直、医療もいろんな意味で本当に大変な時代になってきました。

でも、やっぱり感謝されることも多いお仕事!
頑張りますね~♪
応援してくれて、とっても心強いです!

また来てくださいね~ (o^∇^o)ノ
 

コメントを閉じる▲
☆ お 勧 め 医 療 サ イ ト ☆
☆ 医療情報全般 ☆ 健康チェック ☆ 医療相談サイト ☆ これは便利♪
ここカラダ 病院検索(受診したい科目や沿線からも検索可)薬の効能など調べることが出来る 症状をチェックし可能性のある病気と診療科目がわかる かわいいキャラクター家族がいる カラダカラ 普段気になる健康チェックができる。ユーザー登録が必要だかフリーメール可なのでお手軽。 インター
  ネット
医科大学
無料で医療相談ができる。回答集も検索して見ることが出来る。 メルク
マニュアル
家庭版
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書。オンライン版は、米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして、無償で提供されている。
health
クリック
病気・症状などの解説 病院検索(県名からのほか、キーワードなどで検索することが出来る。但し病院HPにはリンクしていない。) 登録をすれば健康相談もできる。 Ask
  Doctor
会員登録をすると現役の医者に医療相談できる。(有料)回答集もあるがこれも登録しないと閲覧できません。 メルク
マニュアル 第17版
メルクマニュアルは、医薬品の研究開発力で高い評価を得ている米国メルク社が、非営利事業として提供しているもので、世界で最も信頼されている医学書の一つです。
☆ 病院検索サイト ☆ 医療用語 ☆ 女性の方に ☆ 追加
全国10万件以上のお医者さんガイド 都道府県名から市・郡、診療科目などから検索できる。病院HPにリンクしているものある。検索しやすいと思う。医療の疑問や悩みの相談もできる 患者さんのための医療用語集 病名も各部位ごとにわけて解説。その他とてもわかりやすくまとめられている ユベラネット 女性を悩ませるさまざまな症状などの情報や健康法などを掲載 これであなたも医の達人 身近な医療情報や病院の常識など、わかりやすい言葉でまとめられている。
県名・診療科名で探す病院HOMEPAGE 受診したい診療科がわかっていれば直接HPにつながるので、便利。 J-Medical 医学事典 病名を内科・外科などカテゴリ分けし、症状や治療法などを辞書感覚で利用できる 健康Salad キーワードや部位・症状などで健康と医療に関する情報を引き出せる。子供の健康・育児についてや食生活・レシピ集もあるので、女性の方にお勧め。 しろぼん
  ねっと
保険診療点数の閲覧・検索ができる。気になるキーワードで新聞記事を検索・閲覧できるので情報収集に使える。
病院検索
MEDWEB
患部から診療科目、地域などから検索できる。各施設の詳細があまり詳しくないので電話で問合せてください。 医学・薬学用語辞典 薬の成分や病名略語集など、医療関係者向けかな? Dr.治子の女医ネット 女医さんがいる病院医院を検索できる。まだ情報は少なめ。相談コーナーもあるが有料。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。